治安・安全-ベトナム

ベトナムは凶悪犯罪は少ないが、ひったくりやスリなどの盗難には注意が必要。特にバイクを使った路上でのスマホのひったくりなどは被害にあった日本人も少なくはない。

Safe Cities Index (世界の都市安全性指数ランキング)

経済誌エコノミスト誌のシンクタンク部門「The Economist Intelligence(EIU)」が発表した「世界の都市安全性指数ランキング」。

その「個人の安全性」ランキングにおいて、ベトナムのホーチミンシティは世界主要60都市の中で58位。PDF資料(29ページ参照)

1位 シンガポール
3位 大阪
4位 東京
24位 クアラルンプール(マレーシア)
39位 マニラ(フィリピン)
49位 バンコク(タイ)
51位 ジャカルタ(インドネシア)
57位 ヤンゴン(ミャンマー)
58位 ホーチミン(ベトナム)

 

外務省海外安全ホームページ「シンガポール」

現地の治安・安全の最新情報は、外務省海外安全ホームページの各国別ページを参照。

また在ベトナム日本国大使館のホームページには、更に詳しい治安・安全情報や生活における注意点が掲載されている。

治安・安全上の注意点

外務省海外安全ホームページ及び在ベトナム日本国大使館のホームページでは、凶悪な犯罪は少ないものの、バイクによるひったくり、スリなどの犯罪は多く見られる為に、注意を呼びかけている。

バイクでのひったくりにあわないようにスマホなどはバックに持ち入れて歩いたり、置き引きにあわないように自分の持ち物から目を離さないなど、日本以上の安全対策は常に心掛けることが大切である。

就職生活ガイド一覧

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。