シンガポールの就労ビザ最低給与引き上げ(2020年9月1日より)

2020年8月27日、シンガポールの就労ビザ、Employment Pass(EP)・Sパスの最低給与引き上げが発表されました。

新基準は2020年9月1日(Sパスは10月1日)の新規申請から適用されます。

*現就労ビザ保持者は2021年5月1日の申請(更新)から新基準が適用されます。

最低給与は高評価の大学を卒業した新卒のケースです。卒業大学や年齢で最低給与は上昇します。

大学評価の参考記事「【アップデート】EP取得基準改定に関する最新情報 (2020年8月13日)」(JACリクルートメント) *記事内の給与額は現基準です。

就労ビザ 最低給与一覧

ビザ種別 最低給与/適用日
エンプロイメントパス(EP) 現基準 $3900
新基準 $4500 9月1日~
エンプロイメントパス(EP)
*金融業限定
現基準 $3900
新基準 $4500 9月1日~
新基準 $5000 12月1日~
Sパス 現基準 $2400
新基準 $2500 10月1日~

 

求人広告掲載 Sパスも義務に

現在はEP申請のみに義務付けられている政府系求人サイト「MyCareersFuture」への求人掲載がSパス申請にも拡大されます。

同時に求人掲載期間も現在の最低14日間から最低28日間に拡大されます。新基準は2020年10月1日からの申請に適用されます。


当記事は、姉妹サイトシンガポールお役立ちウェブの記事を転載したものです。

シンガポールでの就職・転職活動のご参考にしてください。


8月27日付け Ministry of Manpowerのプレスリリース「Tightening of Work Pass Requirements」を参考にしています。

必ず原文をお確かめください。

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。