タイ(バンコク)の人材紹介会社SAGASS Recruitment(Thailand)Co.,Ltdの社長に伺いました。

タイ(バンコク)BTSサラデーン駅に程近いYADA BUILDINGの4階にあるオフィスに伺いました。

●タイで働くことの意義と可能性についてお聞かせください。

タイ経済は依然として堅調な成長を維持していますが、それを牽引している日系自動車関連業界を中心に、日本とタイの架け橋となる日本人現地採用の求人数は益々増加傾向にあります。

求人は技術者レベルから事務職レベルまで幅広く、また新卒者に対してもチャンスの裾野は広がっています。

例えば、未経験の新卒でもタイ語が堪能であれば、営業・総務・秘書・通訳等、可能性があります。

これは、タイ文化に精通している新卒の若手人材を、将来の幹部候補として採用するという動きが求人企業サイドでこの1年で顕著に増加しているためです。

また、日系商社・IT企業等で、語学力不問の新卒営業職を募集している企業もわずかですがございます。

一方で、優秀な現地採用人材については、数年後に本社採用へ切り替えて駐在員登用されるというケースも大手製造業・商社等で目立ってきています。

今まではタイで働くことイコール(=)給料が安い現地採用というのが一般的でしたが、現在は本人のやる気と能力、そして実績によっては、タイで仕事の経験を積むことが、今後の人生のキャリアにおいて重要な位置を占めるようになってきました。

更なるキャリアアップも可能であり、実際にそれを証明されて活躍されている方が多数いらっしゃいます。

今やタイで働くということは、日本では決して実現することのできなかった夢をかなえる場、つまり自己実現する大きなチャンスのある場であるといっても過言ではないでしょう。

●タイでの企業が求めている人材は?

全体的に20代半ばから40代後半までの求人が多いというのが現状ですが、特定分野の製品に精通している営業の方、語学堪能でローカルスタッフのマネージメントに長けている事務職や管理職レベルの方、エンジニアの方等は年齢に関係なく引く手あまたであり、またタイ語が堪能であれば通訳者としての求人もあります。

重要なのは年齢以上に、その方の経験や語学力、そして人間性です。

20代30代でむやみやたらと転職を繰り返し、高いスキルや技術、そして管理能力を身につけることを怠ってきた方々にとっては、年配になればなるほど再就職は難しくなるという現実は日本国内に限らずタイでも同じことがいえるでしょう。

また、日本人である以上は基本的に管理職等の重要なポジションとして働くことになりますので、その自覚及び責任感も当然必要です。

●これからこちらで働くことを考えている人へのアドバイスをいただけますか?

技術系の方は別として、日常会話レベルの英語かタイ語ができることは最低条件です。

ここで言う日常会話レベルとは、込み入った話ができるということでなく、業務上の指示等社内での意思の疎通ができるレベルです。

また、先に新卒でも働き口があると言いましたが、やはり日本国内で2~3年職務経験があったほうが選択肢が広がることは事実です。

重要なことは、自分が何故タイで働きたいのか、タイで何を実現したいのかという目的をしっかり持つことです。

そういう意味では長期的なキャリアプランに基づいた十分な自己分析も必要です。

1~2年の短期で腰掛け程度にタイで働こうと考えている方にとっては、本当に良い就職先は見つからないのは勿論のこと、帰国後のキャリアにも傷がついてしまうことになります。

また、日本在住の求職者の方から、「訪タイせずに日本国内で面接を受けたい」というご相談をよく頂きます。

中には訪タイ経験が一度も無い方もいらっしゃいます。

一部例外もありますが、基本的にお仕事のご紹介には、まず弊社バンコクオフィスにてご登録頂く必要がございます。

これは求職者の方のご希望・経験・語学力・人柄等全ての要素を実際にお会いして伺った上でなければ、満足頂けるお仕事を紹介することが難しいためです。

採用する企業サイドからしても、その方が本当にタイで働きたいという意志があるのかという疑問の念を抱き、書類選考で留まってしまう場合が大半です。

物理的に時間の都合がつけにくいのは理解できますが、日本でも実際に企業訪問するように、移住する必要のあるタイではなおさらのことです。まず現地に来ていただいて現状を知っていただくのが一番の近道です。

弊社では日本での登録会も不定期ですが実施しておりますので、まずはそれを利用されてみるのも良いでしょう。

●最後に御社のサービスについてお聞かせください。

転職の成功とは、企業の求人ニーズと求職者のキャリアがベストマッチし、双方が納得できる、いわゆるwin-winの状態をいいます。

求職者の方には、今までに培われた経験や知識・スキルだけでなく、まだ自分自身でも認識していない可能性があるはずです。

弊社では日本及び海外で延べ10,000人以上の求職者と面接をした人材コンサルタントが皆様と面接し、ベストマッチングをおこなっております。

経験と情報・客観的な視点から、皆様の可能性や魅力を引き出し、今以上に活躍できる企業のご紹介をいたします。

質の高いコンサルティングで求職者の皆様の希望するキャリアプランを実現するサポートをさせて頂きます。

今後も多くの求職者の皆様と求人企業様の期待にさらに応えて参ります。

(インタビュー:’07年1月)

必読!リーマンショック後のタイの求人市場

(インタビュー:’10年3月)

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。