タイ(バンコク)の日系企業で働くKさん(男性・20代後半)

タイ(バンコク)の日系企業で働くKさん(男性・20代後半)に伺いました。

●何故タイで就職されましたか?

仕事とプライベートをより充実したものにできると思ったからです。

例えば、日本では家と仕事の往復が多く、休みも少なかったですが、バンコクでは仕事帰りに寄り道をしたり、興味のあることに打ち込んでみたりと、何かと余裕ができたかと思います。

また、海外で働いてみたいとは思っていましたが、なかなか機会がありませんでした。

たまたま良いタイミングで職を離れた時に、英語もある程度は使えるし、海外に挑戦してみようと考えました。

そういう中、バンコクは料理も日本と似た部分が多く、食に関するストレスが少ないのではないか、またタイでは日本人の最低賃金が決まっており、より仕事に集中できる環境があるのではと思い、バンコクへ来ました。

●入社した会社は日本(日系)企業ですか?

日系企業です。ただ、こちらで働く日本人は私ひとりです。

●現在の仕事の内容について教えてください。

通訳のコーディネートと、バンコクでの会社設立のお手伝いがメインです。

●お勤めの会社で日本人がおひとりとの事、お仕事上の内容をもう少し詳しく教えてください。

基本的には日系企業のご相談窓口という感じですね。

ただ、お客様と実際に会うこともありますので、コンサルタント兼コーディネーターという感じでしょうか?

幅広く業務をしておりますので、簡単には説明できないのですが・・・・・・。

社内に日本人はいませんが、上司は日本語がとても上手で、同僚のタイ人もある程度日本語ができます。

業務上のわからないことは、日本語や英語か、簡単なタイ語で、その人たちに聞いています。

●(そのお仕事の)経験はありましたか?

ありませんでした。

●その前はどのような仕事をされていましたか?

前職はバンコクで保険代理店に勤め、現職で2社目です。

バンコクに来る前は日本で教員を2年間しておりました。

●就職が決まるまでの活動期間を教えてください。

1社目が1週間、2社目が1ヶ月半ほどです。

タイで転職したのは、最初の会社は長く勤めた後のキャリアが不透明に思えたのが理由ですが、就職には1社目・2社目共に人材紹介会社を利用しました。

1社目のときは日本でラインやメールで求人を紹介いただき、タイで面接、という形でした。

2社目は、1社目退職後1週間ほどで決まりました。

面接は1社目で1回・2社目で2回ありました。

●タイで働く為に必要なのは何と思われますか?

いろいろなことに対する柔軟さだと思います。

文化だけでなく、考え方も異なることが多いので。

「郷に入りては郷に従え」ではないですが、時には日本人的な考え方を捨てることも対応の仕方の1つとして大切です。

●現在どのような資格をお持ちですか?

中学校・高校の教員免許と英検2級です。

●過去に海外の経験はございますか?

ありません。

●休日はどう過ごしていますか?

妻と買い物に行ったり、日本人の友人と遊んだりが多いです。

●お住まいはどうされていますか?

BTS(バンコク市内を走る電車)の駅から徒歩5分ほどのところに住んでいます。

妻と同居していますが、電気代、水道代合わせて1ヶ月の家賃が14,000バーツ(2017年5月現在 約45,000円)ほどですね。

●タイのどこか好きですか?嫌いですか?

好きなところ: ごはんが安くて美味しいお店が多い、いろんな人がいる(性別的にも、人種的にも)

嫌いなところ: 交通渋滞、運転が荒いので怖いです。

●これからタイで就職を考えている人へのアドバイスは何かございますか?

自分の直感を信じて、自分の思うように進んでいけば、きっと道は開かれると思います。

諦めずにがんばってください!!

インタビューを終えて

私生活のみですが、と補足した上で、日本ではきっちりしていた部分(時間や人間関係など)も、「ま、これでいっか」と思うようになってしまいました(笑) とお答えのKさん。

海外での就労では、どうしても日本人であることを日本以上に求められる仕事がある反面、リラックスする為に“まあいいか”との精神が必要なのかも知れません。

*インタビューでのメールのやり取りから、Kさんは充分にきちんとされた方だと思います。

「将来はとりあえず、できるだけ長くバンコクにいることが目標で、少なくともタイ語でタイ人とコミュニケーションを取れるようになるまでは、日本へ本帰国する気持ちはありません。

まずは、タイ国内のお祭りにどんどん参加していき、その後は世界各地に旅したいと思っています。」と将来についても聞かせていただきました。

今現在Kさんは夫婦おふたり共働きで頑張ってらっしゃいますが、タイのバンコクに来られる際には、ご両親やお兄さん夫婦が「がんばってきて」と後押ししてくれたことが、とてもありがたかったそうです。

Kさんのみならず、海外で仕事をするには、日本に残してきた周りの人の理解が必要です。

日本にいる周りの人の支えがあるので、海外生活が続けられるのだと改めて気づかされたインタビューでした。

掲載写真:こっちにきてから何度となく目にした渋滞。アソークの交差点ですが、どこの交差点もだいたいこんな感じだったので、衝撃でした。笑(撮影Kさん)

(インタビュー:2017年5月)

協力:エコアズ・タイランド

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。