【海外就職タイ北部】日系企業で働くKさん(男性・30代後半)

東南アジアで現地採用として働く日本人の皆さんの声をお届けする「海外就職成功者インタビュー」、今回はタイ北部の日系企業で働く30代の日本人男性にお話を伺いました。

海外就職先に「タイ」を選んだ理由は?

学生時代からタイにはよく来ていましたので、暮らしてみたいとは思っていましたが、特にタイにこだわっていたわけではありません。

当時日本語教師を日本でやっていたのですが、たまたま縁があって、タイに来ることになりました(勢いで来てしまいました)。

それ以降タイで暮らしています。

バンコクの就職先は日系企業ですか?

はい、日系です。

就職先での仕事内容を教えてください。

財務経理・総務人事・輸出入(貿易)など管理部門の業務全般です。

そのお仕事の経験はありましたか?

ありませんでした。

その前はどのような仕事をされていましたか?

サービス業です。

顧客対応など営業・カスタマーサービス系の職種でした。

バンコクで2社・10年程働き、現在のお仕事を得て、タイ北部に移って来ました。

お仕事の業務内容がかなり多岐にわたる様です。その仕事のご経験はなかったとの事ですので、勿論慣れない業務内容などもあったかと思います。その点はいかがされましたでしょうか?誰か教えてくれる人がいたのでしょうか?

財務経理4割、貿易4割、総務人事2割といった感じですが、いずれもわからないことだらけで日々勉強です。

ケーススタディですね。

簿記や税務、貿易実務、労働法などは独学がメインですが、分からない点や疑問点は日本本社や各種機関、知人や家族に質問・相談をよくしています。

どれも今後の人生に生かせる知識ですので、学ぶことは全く苦になりませんし、面白いですね。

バンコクであればセミナーにも気軽に参加できるのですが、なかなか行けないのが残念です。

職場はタイの地方という事ですが、休日は週休2日でしょうか?

現在は月2回の選択休日(日曜+2日)、隔週ベースです。

今後は完全週休二日制が目標です。

タイでの就職活動期間を教えてください。

人材紹介会社から今の会社をご紹介いただいてから、応募・面接・内定までですと、約1か月位です。

登録した人材会社は1社のみです。

1社ご紹介を受け、その1社に応募、面接、内定となりました。

タイ・海外で働くために必要なことは何でしょうか?

『物事を客観的にとらえること(主観にとらわれすぎない)』

『環境適応能力』

『コミュニケーション能力』

『ストレス発散の方法を身に着けること』

『ローカル化が進むタイで、(日本人である)自分の価値を見出し発揮すること』

現在どのような資格をお持ちですか?

特に持っていません。

過去に海外の経験はお持ちですか?(留学・就職・旅行など)

旅行程度です。(主にアジア)

中でも印象に残っているのは、インドですね。

初めての海外で、ホームステイやボランティアをしたりしましたが、かなり衝撃を受けました。

タイでのお住まいはどうされていますか?

最近はゴルフがメインです。

今後はもっと趣味を増やして充実した休日ライフにしていきたいです。

バンコクと比べてタイ北部での生活はいかがでしょうか?日本人が暮らすに困った事などありますでしょうか?

北タイ語がまだあまり理解できないので、近所の人やワーカーさんとのコミュニケーションは苦労します。

娯楽が少ないので、休日の過ごし方を充実させるために、いろいろと趣味を持とうと思っています。

時間の流れは確実にバンコクよりゆっくりですね。

終業後も家でゆっくり過ごすことが多くなりました。

タイでのお住まいはどうされていますか?

妻の実家で生活をしています。

タイのどこが好きですか?嫌いですか?

ポジティブな面、いい意味でシステム化されすぎていない面は好きですが、
マイペンライやサバーイ・サバーイというマインドを受け入れがたいときがあります。

これからタイで海外就職を考えている人へのアドバイスは何かございますか?

焦らない。

給与につられない。

完璧を求めない。

自分を把握する。

コミュニケーションツールである英語かタイ語は事前にできる限り習得しておいた方が良いです。

理想やイメージと現実のギャップは少なからずあると思います。

海外就職で焦らないとはどういう意味合いでしょうか?給与につられない、とは?

タイに住む中で、焦ってどこでもいいから働きたいと働き始めた人や給与で選んだ人などが、現実のギャップが大きいのか、短期間で辞められたケースを多く見てきました。

身の丈に合った仕事ではなかったのでしょうね。

海外就職で理想やイメージとのギャップが生じた場合には、ご本人はどう折り合いをつけられていますでしょうか?

現実として受け入れるようにしています。

『郷に入りては郷に従う』ですね。

インタビューを終えて

タイ人の奥様と過ごすKさん、タイに来られて15年弱となるそうです。

将来はプール付き、マイホームに住みたいですね、とのこと。

未経験だった職種に正面から取り組んでいる姿勢がご回答からもうかがえます。

お子さんが生まれたら、日本人学校かインターに通させるつもりとのお話もいただきました。

やはり選択肢が多いバンコクで暮らす以上に、その点はじっくりと考えるところでしょうか。

インタビューのご回答で、バンコクとは異なる地方の生活を思い浮かべられました。

日本人はタイと言えば、バンコクという都市を連想する方も多いかも知れません。

こちらのKさんのインタビューから、地方に腰を落ち着かせ働く一日本人の姿を、多少なりともご参考にしていただければと思います。

日本人としての存在価値を失う事なしに、様々な事に折り合いをつけて、その環境の中で仕事をし、暮らすという事を考えさせられたインタビューでした。

 

掲載写真:「バンコクにいたころ通ったお気に入りの場所」といただいたのは、夜景がきれいなルーフトップ・レストランの写真(撮影Kさん)

(インタビュー’16年6月)

 

たくさんの日本人が東南アジアの求人に出会い、現地で就職しています。

他の方の「海外就職成功者インタビュー」もぜひご覧ください。

当記事取材協力は、タイの海外就職人材紹介会社 エコアズ・タイランド

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。