【各国比較】世界テロ指数(2018年版)に見る東南アジア各国

海外就職で気になるのは、やはり治安面。

今回は、世界テロ指数(Global Terrorism Index)2018から、東南アジア各国を見比べてみました。

世界テロ指数(Global Terrorism Index)とは、オーストラリアのシンクタンク「Institute for Economics and Peace」が毎年発表しているもので、過去にその国で起きたテロ事件(テロ事件の数・犠牲者数等)を参考に数値化したものです。

世界テロ指数(Global Terrorism Index)2018
http://visionofhumanity.org/app/uploads/2018/12/Global-Terrorism-Index-2018-1.pdf

世界テロ指数(Global Terrorism Index) 2018

10位 フィリピン
17位 タイ
24位 ミャンマー
42位 インドネシア
67位 日本
70位 マレーシア
85位 ラオス
104位 ベトナム
135位 カンボジア
138位 シンガポール *最低順位

 

*順位が高いほどテロ影響度が高い国、順位が低いほどテロ影響度が低い国です。

*目安として、日本の順位も記載しています。

さて、上記より日本よりもテロの影響度が高いとされているのが、フィリピン・タイ・ミャンマー・インドネシアです。

東南アジアの現状を、あらかじめ予備知識として知るには、公安調査庁の情報、日本外務省の安全情報をご参考にしてください。

  • 公安調査庁 世界のテロ等発生状況

http://www.moj.go.jp/psia/terrorism/index.html

  • 外務省安全ホームページ 東南アジア地域海外安全情報

https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcareahazardinfo_11.html

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。