東南アジアへの海外就職 異なる各国での仕事・生活

東南アジア=アセアン(東南アジア諸国連合)

経済ニュースで、日本でも耳にすることの多いアセアンですが、正式名称は東南アジア諸国連合(Association of Southeast Asian Nations)です。

現在の加盟国は、ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの10カ国。

発足当社(1967年 バンコク宣言にて発足)は、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイの5カ国。

徐々に加盟国が増えて、現在では東ティモールを除く、全ての東南アジアの国々が加盟しています。

  • ブルネイ・・・・・・1984年加盟
  • ベトナム・・・・・・1995年加盟
  • ラオス、ミャンマー・・・・・・1997年加盟
  • カンボジア・・・・・・1999年加盟

現状から、東南アジアに海外就職=アセアン加盟国に海外就職と考えてよいでしょう。

アセアン諸国の宗教と政治体制の多様性

共同体として連携している10カ国ですが、宗教と政治体制の多様性が見られます。

仏教・イスラム教・キリスト教など主要な宗教が国によって異なり、君主制・共和制・社会主義体制など、その体制もまちまちです。

日本企業の進出と現地採用日本人の雇用増加

アセアン諸国は、いちじるしい経済発展を見せており、各国に多くの日系企業が進出しています。

日系企業が多く進出する国には、必然的に日本人の雇用が生まれます。

これらの国々で日本人が現地採用で働く機会も増えています。

海外就職で行く国をどう考えるか?

どの国でどういう仕事があるのか?

その国の経済によって、進出している企業の業種も異なり、求められている人材も異なります。

その国で自分のキャリアが活かせる仕事があるのかなど、求人動向を知る必要があります。

どの国が自分に合うのか?

その国で仕事をするということは、生活をするということです。

その国の観光地を訪れるのとは異なります。

その国の特性などもあらかじめ調べてみましょう。

海外就職成功者インタビューで多くの方が回答されているように、一度海外就職する国に足を運び色々と見てまわるのもお勧めです。

 

●アセアンについて(公式ウェブサイト 英語)

https://asean.org/

●アセアンについては、日本外務省のウェブサイト

https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/asean/page25_001325.html

●海外成功者インタビュー

https://www.asiadeoshigoto.net/category/interview

海外就職された方々の貴重な体験談とアドバイス

●東南アジア各国就職生活ガイド

https://www.asiadeoshigoto.net/guide

各国の情報を確認!

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。