東南アジア主要国の在留邦人数 2017年10月実数~外務省統計より~

外務省から2017年10月時の在留邦人(日本人)数が発表されました。

PDF https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000368753.pdf

東南アジアには、「国別在留邦人数上位」20位以内の国が複数あります。

タイ(4位)シンガポール(11位)マレーシア(12位)インドネシア(14位)ベトナム(16位)フィリピン(17位)

過去のデータと比較してみました。

東南アジア主要国の在留邦人数

タイ
72,754人 (+3.4%)
シンガポール 
36,423人 (-2.9%)
マレーシア 
24,411人 (+3.0%)
インドネシア 
19,717人 (+2.1%)
ベトナム 
17,266人 (+6.9%)
フィリピン 
16,570人 (-2.4%)
カンボジア 
3,518人 (+15.4%)
ミャンマー 
2,608人 (+12.7%)

 

タイ 増加人数は東南アジアのトップ

2,417人の増加人数は、東南アジアでも随一。

自動車産業が盛んなタイでは製造業のすそ野も広い上、バンコクを中心にサービス業の求人も増加。

政治状況は在留邦人数に影響せず。

2017年 72,754人
2016年 70,337人
2015年 67,424人
2014年 64,285人
2013年 59,270人

シンガポール 2016年から下降

過去最高の2016年から、1,081人の減少。

在留邦人数の前年度比減少は、2009年以来(リーマンショックの影響)。

就労ビザの取得が困難になっているため、現地採用での滞在の減少。

また、コスト高のため、駐在員の家族帯同なしでの単身赴任と減員(帰国した人の後任の補充がないケース)がその要因。

2017年 36,423人
2016年 37,504人
2015年 36,963人
2014年 35,982人
2013年 31,038人

マレーシア 前年同様の人数増

718人の増加、ほぼ去年と同程度の緩やかな増加。

2018年5月の政権交代による大型プロジェクトの見直しが、今後の在留邦人数にどう影響するか?

2017年 24,411人
2016年 23,693人
2015年 22,774人
2014年 22,056人
2013年 21,385人

インドネシア 2万人を前に少し足踏み

全体としては、405人の増加。

ただ、この一年は、ジャカルタを中心とする増加のみに留まる。

2017年 19,717人
2016年 19,312人
2015年 18,463人
2014年 17,893人
2013年 16,296人

ベトナム 数年の内にインドネシアを抜く勢い

1,121人の増加はタイに次ぐ数字。

日系製造業の中国からの生産基地移管、サービス業に従事する日本人の増加などの結果。

ハノイ大使館、ホーチミン総領事館双方とも順調に増加。

2017年 17,266人
2016年 16,145人
2015年 14,695人
2014年 13,547人
2013年 12,254人

フィリピン 2014年から3年連続の微減

全体では2014年からの減少傾向が止まらず、407人の減少。

マニラ地区(フィリピン北部 フィリピン大使館)の656人の減少に反し、セブ島地区(セブ領事事務所)は前年と比べて205人の増加/ミンダナオ地区(ダバオ領事事務所)は前年と比べて44人の増加。

2017年 16,570人
2016年 16,977人
2015年 17,021人
2014年 18,870人
2013年 17,948人

カンボジア 増加率は東南アジアトップ

469人の増加は、増加率が2桁と大きい。

2016年9月の日本からの直行便就航も影響。

全体数が3,518人と少ないため、今後も高い増加率が見込まれる。

2017年 3,518人
2016年 3,049人
2015年 2,492人
2014年 2,270人
2013年 1,793人

ミャンマー 増加率2桁でカンボジアに次ぐ

293人の増加は、カンボジアに次ぐ増加率。

現地採用の求人数も増加。

全体数が2,608人と少ないため、カンボジア同様に今後も高い増加率が見込まれる。

2017年 2,608人
2016年 2,315人
2015年 1,776人
2014年 1,330人
2013年 891人

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。