第14回 ミャンマー・ヤンゴンでのタクシー配車アプリ「Grab(グラブ)」の使い方 (Dream Job Myanmar)

ミンガラーバー!(ミャンマー語で、こんにちはの意。)

ヤンゴンに住む外国人にとって、最もポピュラーな交通手段はタクシー・・・・・・ですが、ほとんどのタクシーはメーターがついていません。

つまり、タクシードライバーと値段交渉することになるのですが、外国人は大抵は割高な料金を支払わさせられます。

そこで、ヤンゴンでも役立つアプリが「Grab (グラブ)」!

良心的な価格でタクシーの配車サービスが利用できます。

私の家からダウンタウンのショッピングモール Junction city(*)まで、休日の昼間に行くとします(片道約20分)。

路上でタクシーを捕まえると、3,500〜5,000チャット(約250〜355円) が請求されますが、グラブを使えば2,300〜2,800チャット (約162〜198円)で済みます。

*Junction City=ヤンゴンの観光地ボージョーアウンサンマーケットと道を挟んで反対側にある、ホテル併設の巨大なショッピングモール

ヤンゴンでの配車アプリの使い方

使い方は至ってシンプル。

まず、アプリをインストール後、Google、Facebook、携帯電話番号のいずれかを使えば、簡単にアカウント作成できます。

支払いは、現金かクレジットカードのどちらかを選択すればOK。

アプリを開くと、上の画面が表示されます。

青い点は出発地、赤い点は目的地です。主要な場所・道であれば、その名前を入力すると、住所が自動で確定します。

出発地と目的地が決まると、タクシーのタイプと金額が表示されます。

金額は渋滞状況などの要因で多少左右されます。

Bookを押してしばらく待てば、ドライバーが見つかります。

降車のタイミングで現金を渡せば大丈夫です。

メールよりも断然電話派のミャンマー人。

配車が決まると、ほとんどのドライバーはミャンマー語で電話を掛けてきて、あなたの出発地と目的地を聞いてきます。

ミャンマー語が分からなければ、外国人であることを英語で伝えて、片言の英語か自動翻訳機能付きのメッセージ(*)に変えるのを待ちましょう。

*メッセージ機能 (GrabChat グラブチャット)は、ドライバーとマッチングした後に使用可能になる機能です。ユーザーのアプリ画面右下に、メッセージのアイコンが表示されるので、そこをクリックすると使用できます。ドライバーによっては、ユーザーがミャンマー語を話せないと分かると、このメッセージ機能を使ってユーザーに連絡してきます。ミャンマー語と英語の自動翻訳機能が搭載されているので、意思疎通が楽になります。

ヤンゴンでのGrab(グラブ) タクシータイプは全部で3つ

GrabShare(グラブシェア), GrabTaxi(グラブタクシー), GrabTaxi Plus(グラブタクシープラス)です。

GrabShare(グラブシェア)

グラブシェアは、目的地が同じ方向のユーザーと、車をシェアして移動します。

金額は一番安いです。

GrabTaxi(グラブタクシー)

グラブタクシーは、通常のタクシーと同じ。

GrabTaxi Plus(グラブタクシープラス)

GrabTaxi Plus(グラブタクシープラス)は、グラブタクシーの中で評価の高いドライバーが運転するタクシーです。

綺麗な車で、車内の空気も良いそう。

ヤンゴンのGrab(グラブ)には、ポイント制度があります。

グラブに乗り続けるとポイントが溜まり、タクシー・レストラン・ファストフード店など、様々な割引券・クーポンが手に入ります。

写真はロッテリアのクーポンで、フライドチキン1つとペプシコーラがもらえます。

ヤンゴンのGrab(グラブ)タクシー車内で忘れ物をしたら?

もし車内に忘れ物をしたら、真っ先にドライバーに電話しましょう。

グラブアプリのHistoryに、ドライバーの名前と電話番号が記載されています。

もし英語が分からないドライバーであれば、英語に対応したグラブミャンマー事務局に仲介してもらいましょう。

Grab(グラブ) ミャンマーのヘルプセンター(英語)

https://help.grab.com/hc/my/?launch_path=N%2FA

Grab(グラブ)を使って、ヤンゴン市内を安心して快適に移動してみてはいかがでしょうか?

 

ミャンマー・ヤンゴンでの就職・求人・採用はドリームジョブミャンマーにご相談ください!

 

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。