アジオシ企業訪問 ~ドリームジョブ ミャンマー~ 前編

2015年の株式会社ウィルグループとの提携からミャンマーでの業務充実を進めるDream Job Myanmar(ドリームジョブ ミャンマー)のヤンゴン・オフィスに田村ジェネラルマネージャーを訪ねました。

*オフィスへの行き方はこちらのページをご覧ください。

ミャンマーの現状、日系企業の投資増加

●ミャンマーの現在の状況をお教えください。

現在ミャンマーでは、新政権に代わった後の利権の変化、ロヒンギャ問題による欧米諸国の対応などにより、経済状態は決していいとは言えません。

そのような状況でも注目できるのは、日系企業の過去最大規模ベースの投資増大です。

それに比例して、企業の社員採用意欲には強いものがあります。

ヤンゴン近郊でもティラワ、ミンガラドン、シューリンパンと3つの大きな工業団地があり、続々と日系企業の操業が進んでいます。

2018年8月時点、日本商工会議所所属の日系企業が約350社ある中、約250社が弊社の顧客となっていただいており、弊社はミャンマー人のご紹介のみならず、日本人採用ニーズの掘り起こしをおこなっています。

ミャンマーで働くことの魅力

●何故ミャンマーなのでしょうか?

東南アジア諸国の中でも、あまり日本人の皆さんに馴染みのない国がミャンマーではないでしょうか?

ミャンマーで働く日本人はまだまだ少なく、それがこの国で働く魅力にもなっています。

・採用される年齢層の幅の広さ

他の東南アジア諸国では希望する職があっても、ご本人の年齢で採用されないケースもありますが、ミャンマーでは年齢が足かせにはなりません。

新卒の20代から40代後半まで、より幅広い年齢層で採用される可能性があります。

・他の候補者との競争の少なさ

海外就職では知名度の低いミャンマーは、就職希望者の総数が少ないので、1つのポジションに多くの人が応募するケースはありません。

・職務経験が積めること

日本人ひとりがやるべき仕事も多岐にわたるのが現実です。

また、法人立ち上げ・操業開始の日系企業が多いミャンマーでは、日本では経験できない仕事をやれる機会を得られます。

ミャンマーでの海外就職は、チャンスが多いのが魅力だと言えるでしょう。

ミャンマーで海外就職可能な方

●ミャンマーでの海外就職に適応される方とは? 現地での生活は?

経験やキャリアアップを求め、将来は自分で何かをやりたいと考えている方、ミャンマーの素朴さ・いい意味での途上国らしさが好きな生活重視の方には、この国での海外就職は最適の環境です。

反面、ミャンマーに快適さ・便利さ・物価安などを期待して来られる方には、そうでない点で悩まされるかも知れません。

お気軽に日本人スタッフにおたずねください!

ちなみに、日本人現地採用枠の給与は、およそ1500~2000アメリカドル程度です。

これは充分に生活できる給与水準です。

  • 若くて経験不足でも、責任ある仕事をやってみたい。
  • ゼロからの立ち上げを経験したい。
  • ベンチャー的な雰囲気で仕事がしたい。
  • 国の発展を体感したい。

このようにお考えの方は一度ご連絡ください。

最新の情報が少ないミャンマー・ヤンゴンでの生活です。

現地での生活にはわからないことも色々とあり、不安に思われる方もいらっしゃると思います。

  • 買い物や移動の手段
  • 家賃や食費などの生活物価
  • ミャンマーでの日本人の仕事内容
  • 停電や渋滞などの途上国ならではの問題

ミャンマー・ヤンゴンに住む日本人スタッフに、お気軽におたずねください。

ミャンマーでの生活コラムも連載中です。

合わせてご参照ください。

<Dream Job Myanmarの沿革>

2014年9月 設立、求人メディア・人材紹介事業開始

2015年5月 株式会社ウィルグループ(東証一部) との提携開始

2017年5月 日本語教育事業開始

2018年5月 ミャンマー語情報メディア「Japan-Myanmar Guide」開始

2018年6月 ローカル求職者累計登録者数60,000人突破

2018年8月 国立ヤンゴン大学でのキャリアセミナーを実施

2018年8月 Facebookファンページが90万Like突破

次にオフィスをご案内します。

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。