【海外就職 シンガポール】地元企業で働くEさん(女性・30代前半)

シンガポールの地元企業で、リージョナルセールスマネージャーとして働くEさんに伺いました。

●何故シンガポールで就職されましたか?

大学を卒業し日本で働き始めたものの、海外で働きたい気持ちが強く、半年後に海外に出てから、ずっと海外での仕事を続けてきました。

その間、主にホテル業に従事してきました。

業界ではアジアの本部機能が集まっているシンガポールで新たなチャレンジをしようと思い、こちらへ来ました。

●入社した会社は日本企業ですか?

いいえ、地元資本の会社です。

●現在の仕事の内容について教えてください。

サービスアパートを全世界に展開している弊社の拠点がある場所に、日本人のお客様を集客する事が主たる業務です。

お客様を私達のサービスをご利用いただく為に、法人営業のみならず代理店への折衝などもございます。

シンガポール以外にもアメリカ・アフリカ両大陸以外に広く展開していますので、必要とされる場所の全てがテリトリーと考えられます。

直近では中国の拠点のサポートに出張しました。

●(そのお仕事の)経験はありましたか?

サービスアパート業界としてはございません。

●その前はどのような仕事をされていましたか?

ホテル業界に長らく身をおいていました。

今の仕事とひじょうに似通った業務内容があり、ホテルの仕事を一通りこなしてきたので、それが色々と現在の仕事に活かされていると思います。

●就職が決まるまでの活動期間を教えてください。

準備を始めて半年くらいでしょうか。

レジメイを登録していたところ、人材紹介会社の方よりアプローチがあり、その後は早く1ヶ月くらいで内定が出ました。

ちなみに、その間の面接は2回でした。

●シンガポールで働く為に必要なのは何と思われますか?

自分と違う考え方をフレキシブルに受け入れる事が出来る。

相手を勘違いしない様に、違う意見をわかろうとする姿勢。

自分の意見を簡潔にきちんとまとめて述べる事が出来る。

相手を納得させられる能力。

この2点だと思います。

英語などの語学に関しては、皆さんお答えになっていらっしゃいますので、それを省いてですが。

●現在どのような資格をお持ちですか?

特に持っていません。

●過去に海外の経験はございますか?

大学時代にカナダに3ヶ月、北京に2ヶ月の語学留学の経験があります。

社会人になってからは、中国・上海、韓国で、各数年間働いてきました。

●休日はどう過ごしていますか?

ホットヨガでリラックスしたり、友人達と出かけたり、趣味の料理を作ったりしています。

●お住まいはどうされていますか?

HDBフラットの部屋を借りています。

オーナーさんが、金銭に淡白な方で、格安(約700ドル程度)で借りています。

家賃が高いシンガポールでは珍しいケースだと思います。

●シンガポールのどこか好きですか?嫌いですか?

好きなところは、清潔・安全・環境がいい・移動が便利。

仕事面では、女性がメリットを享受できる場所だと思います。

嫌いなところは、あまり思い浮かびませんが、皆さんちょっとプライドが高いかな?

●これからシンガポールで就職を考えている人へのアドバイスは何かございますか?

悩んでいる様であれば、来ればいいと思います。

ただ、自分のキャリア・パスを考慮に入れて、何故シンガポールなのか?を明確にする事。

大事なのは、ここで何がしたいのか、だと・・・・・・。

シンガポール人に負けないガッツは必要です。

インタビューを終えて

語学が得意です、とおっしゃるEさん。母国語である日本語以外に、読み書きを含めて、中国語(マンダリン)、英語、韓国語ができますと笑顔でおしゃっていました。

語学習得のコツをたずねますと、最初の1~2ヶ月は語学学校に行き、基礎を学ぶ事だそうです。

その後はひたすら職場で実践です、と。

シンガポールで言われる、待遇・給与も本人の実力次第。

上を目指しますとおっしゃるEさんに、日本人女性の強さを感じました。

職場の人達に恵まれて仕事をしながらも、日々戦いの場にいるという心構えをお持ちの様でした。

(インタビュー’13年7月)

協力:アージス・リクルートメント

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。