【海外就職 タイ バンコク】会社経営者のTさん(男性・30代後半)

タイ(バンコク)でコンサルタント業を営むTさんに、お会いしお話を伺いました。

●何故タイで就職されましたか?

日本で大学院在学時に、インターンシップでの経験が修士の卒業単位で認められることから来たのがタイでした。

その後、タイに戻り色々な人たちと出会う中でコンサルタント業を立ち上げることとなりました。

●現在の仕事の内容について教えてください。

タイ企業から依頼された日系企業(日本人)とのビジネスに関する相談事から始まった事業ですが、昨今は日本企業からの直接の依頼も多くなり、ビジネス・コンサルタントから法務コンサルタントなど幅広く行っています。

●(そのお仕事の)経験はありましたか?

いいえ、ありませんでした。

ひとつひとつ仕事をこなしていく中で、それが経験となり今に至ります。

●その前はどのような仕事をされていましたか?

タイに来るまでは学生でした。

タイの日系企業ではインターシップという形で働いた経験はありますが・・・・・・。

●タイで働く為に必要なのは何と思われますか?

強い積極性と物事を乗り越えていく力だと思います。

良くも悪くも全てが自己責任。

●現在どのような資格をお持ちですか?

TOFEL550点です。

インターンシップ派遣審査の為に勉強をしました。

ぎりぎりの成績でした。

それ以外は・・・・・・無いですね。

強いて言えば柔道二段、日本拳法三段、体だけは頑丈です。

●過去に海外の経験はございますか?

いいえ、タイに来るまで一切ありませんでした。

●休日はどう過ごしていますか?

けっこう仕事をしている事が多いですね。

後はスイーツ探訪です。

甘いものには目がないもので。

●お住まいはどうされていますか?

アパートを借りて住んでいます。

●タイのどこか好きですか?嫌いですか?

好きなところは、屋台などが出ていて毎日お祭りの雰囲気全開な所。

あえて嫌いなのはタイ名物大渋滞です。

●これからタイで就職を考えている人へのアドバイスは何かございますか?

どのような事があっても、笑顔でめげないこと。

失敗したら失敗から学べば良いだけです。

海外では良くも悪くも日本では考えられない事が自分の身に起きる可能性が否定できません。

それらをうまく受け止め、時には軽く受け流すバイタリティーが必要だとも言えます。

また、健康が何より大事です。

体調管理に気をつける事。

仕事柄、年配の方々と出会う機会が多いのですが、健康を害して仕方なく日本へ帰ると言う方が結構多い様に思います。

海外での生活を頑張るにはまず前向きな気力、そして何より健康第一です。

インタビューを終えて

朝食を共にしながら、Tさんのお話を伺いました。

自ら事業を始めた経由を、長くなりますよと言いながら色々と聞かせていただく中で、絶やさない笑顔。

偶然縁を持った国がタイであり、その国に戻って来てから関係したタイ人の協力によって立ち上げた会社。

その会社を継続する中で、新規の事業を立ち上げてきたという力の裏付けはTさんの積極性と、心底タイの事が好きなのだという事かもしれません。

(取材’10年11月)

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。