【海外就職 シンガポール】日系企業で働くMさん(女性・20代後半)

シンガポールのマスコミで働くMさんに、お会いしお話を伺いました。

●何故シンガポールで就職されましたか?

海外で働きたくて、海外に出る事が前提の仕事を日本で見つけ、配置された場所がシンガポールでした。

私の場合は、シンガポールだから、この国に来たくて来たというのとはちょっと異なります。

●入社した会社は日本企業ですか?

現在は転職し日系企業で働いています。

●現在の仕事の内容について教えてください。

新規顧客開拓と既存顧客へのフォロー業務です。

●(そのお仕事の)経験はありましたか?

営業の経験はありませんでしたが、日本での職場がやはりマスコミ関係でした。

●その前はどのような仕事をされていましたか?

日本では事務職をしていました。

●就職が決まるまでの活動期間を教えてください。

転職を決めてから決まるまでの総期間は、約2ヶ月です。

まずは自分で仕事を探そうとインターネットなどを使い、シンガポールの就職先を探してみました。

私の場合、英語力に不足な点があった為か、個人の情報収集能力とうける企業への直接のアピールでは、なかなか転職先が決まりませんでした。

会社には退職の通知をしていたので、転職先が決まる前にビザがなくなるのは不安でした。

結果、このままじゃ駄目だという判断をし、人材紹介会社にお願いしようと決断。

まずはメールでコンタクトを取った後、すぐにオフィスを訪問し、その後面接先が見つかるまで2週間かかりました。

さらに2週間の内に数回の面接を経て、今働く会社から内定が出ました。

●シンガポールで働く為に必要なのは何と思われますか?

体力、そして言葉という手段のみならず他人にものを伝える力だと思います。

こちらに来てから、黙っていては駄目だという事を学びました。

●現在どのような資格をお持ちですか?

特にありません。

●過去に海外の経験はございますか?

旅行で数回中国と台湾に行った事があります。

●休日はどう過ごしていますか?

買い物や読書をしています。

読書は日本の文化にかかわるもの、中国の文化にかかわるもの、その比較について考えさせられるものなどを好んで読んでいます。

●お住まいはどうされていますか?

HDBフラットを大家さんとシェアーして住んでいます。

●シンガポールのどこか好きですか?嫌いですか?

好きなところは、こちらの気候です。

また、はっきり物事を言ってもいいので、その点がいいですね。

嫌な事を明るくNOと言えるなど。

嫌いなところはあまりないです。

●これからシンガポールで就職を考えている人へのアドバイスは何かございますか?

私の失敗談ですが、まずは生活面で重要な事。

住居のシェアーについて、どのような人とシェアーするのか、一緒に暮らす為のルールは?など必ず確認する事。

あまりに考えの違う人とシェアーすると、肉体的にも精神的にも休まる暇がありません。

また、狭いシンガポールです。

特に営業でたくさんの方々にお会いする仕事をしていますと、どこにいても、気が抜けない点も否定できません。

組織の一員として働く限り、常に誰かの目があることを意識はしています。

ただ、シンガポールは他の国へ行くのと比べて、準備面ではあまり心配はいらないと思います。

反面、求められるであろう専門の資格や日本での仕事の経験はあった方がよいです。

理由は私の年代では、まだまだ年上の方々との仕事になります。

ある意味、自らの業務が出来て当たり前の世界であり、皆さんと同じ土俵での勝負となります。

インタビューを終えて

にこにこ笑いながらも、はきはきとお話しいただいたMさん。

中国文化に興味を持ち、中国語の勉強もされていると事。

会話の方はまだまだ初歩ですと苦笑い。

仕事の関係上、年上の方々との折衝が多い中、周りに負けじと頑張っていますとおっしゃっていました。

何事にでもトライしなければ、もったいないですと言う前向きな姿勢。

相手に好感を与えるものは、大切なのだと再認識したインタビューでした。

今の、そしてこれからの色々な経験がご本人の将来の糧になる事は間違いないと思います。

(取材’10年10月)

(取材協力 グッドジョブクリエーションズ・シンガポール
人材紹介会社コンサルタント インタビューはこちら

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。