【海外就職 タイ バンコク】日系企業で働くYさん(男性・40代前半)

タイ(バンコク)の日系医療・保険代理店で働くYさんにメールでお話しを伺いました。

●何故タイで就職されましたか?

色々な国に旅行や出張で行く機会がありましたが、タイが一番住み心地がよく感じたので。

●入社した会社は日本企業ですか?

日系企業です。

●現在の仕事の内容について教えてください。

医療や保険に関してのアウトソーシングのサービス業です。

顧客は日本の保険会社、日系企業、タイや海外の病院、保険をお持ちのエンドユーザーになります。

エンドユーザーに医療情報を提供したり、通訳の仕事もあります。

●(そのお仕事の)経験はありましたか?

有りません。

●その前はどのような仕事をされていましたか?

日本では金融業界で、外為のブローカーをしていました。

タイに渡ってからは当初地場のレジャー産業にて数年働き、その後は商社の営業職でした。

●就職が決まるまでの活動期間を教えてください。

約半年。

●タイで働く為に必要なのは何と思われますか?

自己管理と許容、妥協。

●現在どのような資格をお持ちですか?

TOEIC750点、英検2級、国連英検B級。

●過去に海外の経験はございますか?

アメリカへホームステイと、香港駐在経験2年弱あり。

その他旅行や出張で30カ国以上は行っています。

●休日はどう過ごしていますか?

家事を片付けたり、映画を見たり、趣味のビリヤードなどで気分転換しています。

●お住まいはどうされていますか?

自分で探したアパートに自費で住んでいます。

●タイのどこが好きですか?嫌いですか?

好きな点・・・タイならではの寛容さです。

インフラもまずまず安定しており、食事も安くおいしいです。

物価もまだ安く、人々も親日的で親切なので、住み易さは東南アジア一ではないかと思います。

嫌いな点・・・タイ人の仕事に対する態度、プライドの高さには閉口することがあります。

まだバンコクは世界一といわれる渋滞と空気の悪さで有名です。

時間や約束の観念にルーズなところも、日本人としては許しがたい部分ですね。

●これからタイで就職を考えている人へのアドバイスは何かございますか?

タイでの仕事は楽そうだ、と考えている人が多いですが、思っているよりは厳しいと思ったほうがよいでしょう。

日本人である以上日本人としての仕事を求められますし、会社内外でタイ人と折衝するケースも多々あります。

そこをうまく妥協点を見つけていけるかが仕事を続けていけるポイントです。

またタイ人より給料は多く貰うわけですから、タイ人のお手本となる必要もあります。

中途採用の場合は、新人教育など全くないと思ったほうが良いでしょう。

いきなり結果が求められます。

現地採用である限りは、日本の会社のような社会保障がありません。

しっかりと目標を持ち、人生設計をたてておく必要があるでしょう。

インタビューを終えて

各質問に丁寧ながらも、的確なご回答をいただきましたYさん。

現実を直視し、日本人として仕事では結果をだすこと。

明確な人生設計は大切ということ。

ご自身がそれを念頭にお仕事をされていることが、ご回答の端々からも感じ取れます。

在タイは10年になるとのYさんに今後のことを訊ねたところ、現地採用から日本転勤になることも可能な職場とのこと。

結果を出して数年後を目処に日本採用として帰国することを目標にしているとのことです。

将来の自分、その理想像はとかく海外での日々の生活の中でつい忘れてしまうことのように思います。

海外で埋もれない為にも、自分の将来へ思いをはせる想像力も問われているのかもしれません。

また、海外で仕事をするということには、その認識が必要なのかもしれません。

改めてそのようなことを気付かせていただいたインタビューでした。

(取材’09年12月)

(取材協力 SAGASSタイランド
人材紹介会社コンサルタント インタビューはこちら

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。