【海外就職 タイ バンコク】日系企業で働くMさん(男性・30代後半)

企業で使用されるドキュメント等の翻訳製本などを行う会社で営業・マネージメント業務に携わるMさんとお会いしました。

●何故タイ(バンコク)で就職をされましたか?

海外で働きたいと考え、就職活動をし、偶然決まった勤務地がタイでした。

バンコクに仕事があったからというのが理由です。

ただ、就職が目的ではないのですが、以前に旅行で訪れたことがありましたので、タイに関する多少の予備知識はありました。

●入社した会社は日本企業ですか?

はい。

日本人が海外で起業した会社です。

●現在の仕事の内容について教えてください。

顧客である企業で使用されるドキュメント等の現地言語を含む多言語への仕様変更業務を行っているのですが、私が担当しているのは工場などへのルートセールスや新規セールス。

そして、自社の予算管理などを含めたマネージメントも任されています。

●経験はありましたか?

この会社の業務に関わる経験はありませんでしたが、予算管理などは経験がありました。

●その前にはどのような仕事をされていましたか?

雑誌の編集の仕事をしていました。

●就職が決まるまでの活動期間を教えてください。

約6ヶ月です。

インターネットや人材コンサルタントを通して、海外で働く人を探している会社を探しました。

その間にはタイではありませんが、外国の就職活動先に行ったこともあります。

結果、今の会社には日本で就職が決まりました。

●タイで働く為に必要なものは何と思われますか?

自己管理能力ですね。

流されないようにしないと。

タイという国自体がそれを許してしまうところがあるように感じます。

もちろん、タイ語か英語のどちらかを仕事で使えるように。

●現在どのような資格をお持ちでしょうか?

特にありません。

●過去に海外の経験はございますか?

ありません。

●休日はどう過ごしていますか?

隔週土曜日出勤(半日)なので、その後はトレーニングに行きます。

日曜日は家事全般と、時間があれば友人と会ったり、映画を観たり、読書をします。

●お住まいはどうされていますか?

知り合いに紹介してもらったコンドミニアムに1人住まいです。

緊急時のためにオフィスの近くに住むことを義務付けられています。

●タイのどこが好きですか?また、嫌いですか?

好きなところはいっぱいあるのですが、タイ人、そしてここに住む日本人にも人情があるところです。

日本の都会では失われつつある人のふれあいを感じます。

嫌いなところはこの国は政治的に成熟していないように感じます。

信条としては軍事政権国家では就職しないと考えていたのですが・・・・・・。

●これから就職を考えている人へのアドバイスは何かございますか?

日本での実務経験があること。

どれだけのことができるのか、見本や資料などを使って具体的に説明できること。

外国で仕事するのであれば特にその道のプロでなければいけません。

タイ語をやっているなどの意欲も必要です。

現在、在タイ日系企業では、コスト削減のため、駐在員の数を減らし、その分、現地契約の日本人を採用するケースが増えています。

従来は、「日本人なら誰でも採用」されることもありましたが、今後は、能力や技能に優れなければ、よい仕事や待遇を得ることは困難になるかもしれません。

最後に、能力のある人の職はあるので、あとは日本からどうアポを取り、どう効率的に面接などの会社訪問をこなせるかでしょう。

またいつでも提出できる履歴書の整理・準備も忘れてはいけません。

就職活動では、こちらに日本人の知人がいれば助かるでしょうね。

インタビューを終えて

物静かながらも、仕事についてお話くださるMさん。

その語り口からは会社の運営に責任ある立場にあるという姿が感じ取れました。

ご本人が日本人求職者の面接も受け持たれているとのこと。

これからこちらに就職活動に来られる人には、やる気だけでなく、仕事の「プロ」であることを求めたいと強調されていらっしゃいました。

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。