【海外就職 タイ バンコク近郊】日系企業で働くSさん(男性・50代前半)

タイの日系メーカーで企画営業をしているSさんにお話を伺いました。

●何故タイで就職をされましたか?

タイにこだわったわけではないのですが、駐在での帰任が決まり、自分の望む今までの経験が生かせる仕事を探したところ、それが引き続きタイであったということです。

●入社した会社は日本企業ですか?

はい。

ただ、日本の規模よりはるかに海外展開が大きな会社なので、想像できるような日本の会社というものではないと思います。

●現在の仕事の内容について教えてください。

顧客であるメーカーに対し、コストを含めたデザインのアウトソーシングの提案である企画営業です。

●経験はありましたか?

はい。

●就職が決まるまでの活動期間を教えてください。

約一年くらいです。

●タイで働く為に必要なものは何と思われますか?

特に 若い方(30代前半より)は、将来につながる目的を持つ必要を感じます。

タイに来て働くことで将来の自分はどうなるのか?

何となくタイに来るのであれば止めたほうがいいですね。

この点はタイに限らず、アジアは同じだと思いますが。

●現在どのような資格をお持ちでしょうか?

特に持っていません。

●過去に海外の経験はございますか?

学生時代は語学留学でカナダに半年、会社に入ってからはタイ・マレーシア・台湾・韓国などに赴任しました。

●休日はどう過ごしていますか?

もっぱら、ゴルフです。

あとは、一週間分の料理の下ごしらえ等です。

●お住まいはどうされていますか?

保安等を考慮した、最善の方法として、サービス・アパートと呼ばれるところに住んでいます。

年間契約の賃貸しです。

●タイのどこが好きですか?また、嫌いですか?

好きなところは、タイ人のバランス感覚。

そして外国人がいてもいい雰囲気、つまりいい意味でほっておいてくれるところでしょうか。

嫌いなところは、社会が公共性という考え方に疎いところです。

●これから就職を考えている人たちへのアドバイスは何かございますか?

目的意識を持つこと。

人生観や職業観においてどちらに重きをおいて生きていくのか?

個々人の生き方の問題でもあると思います。

タイに来て働き、数年をその仕事に費やし、そして年を経て60歳になった自分の将来が想像できるか、ということかもしれません。

無駄に時間を費やすのであれば来られない方がよいかもしれません。

また、タイでは外国人であることを自覚し、謙虚でなければなりません。

最後にもし若くしてタイに来られるのであれば、同世代のタイ人と比べての自分のアドバンテージは何か?答えられないと。

優秀なタイ人との競争になりますからね。

その点の自覚でしょうか。

インタビューを終えて

駐在員としてアジアの各国での仕事をこなしてこられたSさん。

帰任という会社への所属という選択よりも、自らの職種の方を選ばれたとおっしゃっていました。

駐在員のときと比べると日本での手当てがなくなったとのことですが、職業観について熱く語る姿に「人生においての仕事」というものに対する考え方を再考させられました。

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。