【各国比較】東南アジア各国のホテル価格比較

今回は就職活動に欠かせないホテルの価格を比較してみました。

同じ滞在条件にするため、以下の下記で比較しています。

・バジェットタイプのホテルチェーン「ibis」(イビス)を使用。

・「ibis」がない都市は、同系列「ibisスタイルズ」を使用。

・中心地から10km以内に立地、ibisが複数ある街は価格が安い順に掲載(価格後のカッコ内はホテル名)

・2017年7月27日(木)チェックインの1泊2日、約3週間前の7月5日(水)に予約。

・予約はibisの公式サイトを使用、サイト内に表示された円換算価格。

・ibis公式サイト http://www.ibis.com/ja/japan/index.shtml

・カンボジア(プノンペン)は「ibis」未進出のため、比較に入っていません。

シンガポール

10,843円(ノベナ)

13,253円(ベンクーレン)

バンコク(タイ)

3,145円(サトーン)

3,538円(ナナ) 朝食付

5,242円(リバーサイド)

5,766円(サイアム)

クアラルンプール(マレーシア)

3,707円(フレーザービジネスパーク) 朝食付 *ibisスタイルズ

ジャカルタ(インドネシア)

2,836円(セネン)

2,928円(クマヨラン)

3,611円(ハルモニ)

3,748円(チャワン)

4,349円(アルカディア)

4,358円(タマリン)

4,930円(スリピ)

ホーチミンシティ(ベトナム)

6,912円(サイゴンサウス)

5,684円(サイゴンエアポート)

ヤンゴン(ミャンマー)

5,468円(ヤンゴンスタジアム) *ibisスタイルズ

圧倒的にホテル価格が高いのは予想通りシンガポールです。

しかし、次に続くのは、バンコクやクアラルンプールではなく、ホーチミンシティ、ヤンゴンです。

バンコク・クアラルンプールはホテルの過剰供給のため、需給のバランスが崩れ、お値打ちな価格設定になっています。

一方、特にヤンゴンは急速な経済発展にインフラが遅れ気味のため、物価から考えると高い価格設定です。

また、市域が広いバンコク・ジャカルタは地域による価格差も大きいです。

今回は同条件にするため、同一チェーンで比較しましたが、世界的にチェーン展開をしていないリーズナブルなホテルは各都市にあります。

例えば、シンガポールでは「Hotel Boss」(下記写真)はその一例です。

Hotel Boss http://www.hotelboss.sg/

サービス料・税金を含めた最終価格は、予約画面を進まないと出てこないことがあったり、同じグレードの部屋でも、朝食の有無等で予約サイトにより異なることもあります。

複数のホテル予約サイトやホテル公式サイトを比較、立地・価格などを考慮して、賢くホテルを利用してください。

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。