シンガポールの人材紹介会社、アージスリクルートメントの鈴木社長に伺いました。

シンガポールの人材紹介会社、アージスリクルートメントの鈴木社長に伺いました。

●シンガポールで働くということについてお聞かせください。

インターネットの普及や英語の標準化、マネーサプライの急激な増加に伴い、国際社会はフラットなものとなってきています。

従来は、世界第2位の経済規模を誇る日本国内だけで商売が出来ていたものが、現状は望むと望まざるとも世界(アジア)を視野に入れて仕事をせざるを得なくなってきています。

シンガポールは、英語を公用語とし、外資を受け入れてきた経緯があり、いわゆるグローバルスタンダードの縮図が如実に表れている国と言えます。

元々、日本人には不利なルールの中で、そのルールや様々な価値観を理解した上で、日本人としてのアイデンティティを持ち、日本人の長所を活かし乍ら、世界とビジネスを行っていくということだと思います。

言い換えれば、日本人として、どのように世界に貢献していくかとも言い換えられます。

それが、最前線シンガポールで働くという事ではないでしょうか?

●企業の求める人材とは?

世界の中でも力を発揮できる方、単に勉強が出来るだけでなく、視野が高く柔軟性があり、様々な価値観を受け入れつつ、自分なりの明確な意思を持ち、周囲とリレーションを築き、折衝能力がある方。

日系企業で働く場合、日本人特有のホスピタリティも兼ね合わせることはもちろんです。

●これから働く人にアドバイスをお願いします。

給与は自分で稼ぐという考え方を持つことです。

就労ビザ取得の最低給与が上昇していますが、企業から見て、本当に自分の給与を払う価値があるか、自分が給与以上の価値を企業にもたらすことが出来るかと考えてみたら良いと思います。

●御社のサービスについてお聞かせください。

あなたの才能は何ですか?迷わず自分の人生を生きよう!

これがアージスのキャッチフレーズです。

全ての人が自分の仕事に情熱、誇り、プロ意識を持って働き、成長し、充実感、幸せを感じて欲しいと思っています。

様々なポジションをご紹介させて頂いておりますが、基本はエクゼクティブなポジションを中心にご紹介させて頂いております。

このようなポジションは求められる役割が複雑になります。

まずは企業様のビジネスモデル、強み、仕事の醍醐味、文化、社風、価値観、また上司になる方がどのような人材を欲しているか等の把握に努めます。

候補者についても、面談により履歴書だけではわからない部分を理解し、企業、候補者の両者にとって満足出来るサービスを提供出来るよう心がけています。

よりテイラーメイド的、ヘッドハント的なサービスとも言えます。

(インタビュー’15年1月)

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。