シンガポールの人材紹介会社、グッドジョブクリエーションズの北川社長に伺いました。

シンガポールの人材紹介会社、グッドジョブクリエーションズの北川社長に伺いました。

●シンガポールで働くということについてお聞かせください。

一言でいうと「挑戦」だと思います。

最近は「シンガポールは先進国だからチャレンジする余地がないのでは?」「海外で働いているという感じがしないのでは?」というご質問を受けることがあります。

確かにシンガポールという国は、周辺国と比べて発展しており、「尖っている」という意味ではインパクトが少ない国であるのは事実です。

しかしだからこそ、十分にシンガポールで働くことは「挑戦」であると私は言い切れます。

理由としては先進国として洗練されているからこそビジネスのレベルが高く、また在住日本人が多いこそ日本人に求められる能力・成果も周辺国より高いからです。

発展途上国ですとビジネスの成熟度が低い故に、それほど洗練されたビジネススキルが必要とされなかったり、日本人であること自体に価値があったりするのも事実です。

またそれでいて「海外」ですので日本では体感することができない文化の違いや東南アジアのハブエリアであるからこそのビジネスチャンスと接することができます。

そのような刺激的な環境の中で、外国人であるという期待値も背負いつつ結果を出していくというのは十分に「挑戦」ではないでしょうか?

●企業の求める人材とは?

それが全てではありませんが、現地で雇用される日本人に求められている重要なひとつは、「日本」と「アジア」の掛け橋となれる人材ではないでしょうか?

日系企業は一段とローカライズ化されていっており、日本人社員の数は少なくなっていっています。

そういう状況だからこそ、「アジア」の感覚を持った日本人として役職に関わらず、日本本社とローカルスタッフの架け橋となれる人材は重宝されるのではないでしょうか?

海外で働くのだから「日本」と関係がない環境で働きたい、という意見は非常に理解できます。

ただその一方でどうあっても我々は「日本人」なのですから、その強み、存在価値を活かして会社に貢献することも1つの在り方だと思います。

●これから働く人にアドバイスをお願いします。

英語力の習得度を少しでも高めておくことでしょうか。

言語の習熟度によって、選べる仕事の幅が広がります。

英語が苦手な方には、どうしても仕事が限定されるのも事実です。

WEBが発展した昨今ですと色々な手段はあろうかと思いますが、シンガポールでの就職活動の前には、少しでも英語力を高める努力をされることをお薦めいたします。

●御社のサービスについてお聞かせください。

人材紹介会社というのは差別化が見えづらい業態ではあります。

しかし弊社グッドジョブクリエーションズは、シンガポール国内のグループ企業も含めるとこの3年間で従業員4名から約50名の規模まで拡大しました。

特別な事をしているわけではないのに、それだけ拡大できたということは僭越ながらですが日々の細かいサービス1つ1つの品質が利用者の方々に認められつつあるのではないかと考えております。

とはいえまだまだ未熟な企業ですので、今後もよりよいサービスを提供できますよう日々研鑽いたします。

シンガポールでご転職の際は是非ご相談くださいませ。

 

グッドジョブクリエーションズのウェブサイト

(インタビュー’15年1月)

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。