シンガポールの人材紹介会社Talent Logicのコンサルティング・マネージャー、Serene Tay氏とお会いし、お話を伺いました。

シンガポールの人材紹介会社Talent Logicのコンサルティング・マネージャー、Serene Tay氏とお会いし、お話を伺いました。

●シンガポールで働くということについてお聞かせください。

昨今、シンガポールの外国人労働者市場は大きく、変わろうとしています。

それは外国人の増加に反対する国民の声を受けたシンガポール政府が、よりシンガポール人の雇用安定の方に、力を入れ始めたからです。

この事は日本人のビザの取得にも、影響を及ぼしているのは事実です。

では、シンガポールにおける日本人の雇用は減るのでしょうか?

私達はそうは考えていません。

まだまだ日本人の雇用は増えていくのでは?と考えています。

ただ、以前と異なり、コールセンターや事務職、日本語を活かした秘書よりも、営業・マーケティング、経理、通訳・翻訳など、その中でもより専門性の高い人材が求められていくと捉えています。

●企業の求める人材とは?

より専門性の高い職種(その中でのポジション)が求められると言う方向は間違いないでしょうが、日系企業と非日系企業では、求められる人材の要素が異なります。

日系企業では、どうしても日本文化の理解も必要でしょう。

また、ジョブホッパーと称される、転職回数の目立って多い人は避けられる傾向にあります。

非日系企業では、マルチカルチャーを受け入れられる事、ビジネスレベルの英語が使える必要もあります。

IT化が進んだ現代ですので、英語のコンピュータ・ソフトが使える事も大切です。

双方に求められるのは、その人の持つ雰囲気・礼儀正しさという共通点がありますが、これは数値で表せない点でもあり、その会社・上司との相性もあります。

●これから働く人にアドバイスをお願いいたします。

シンガポールで就職をお考えの方は、4年制の大学を卒業する事、英語を使える事を何かしらで証明できる事(例えば、TOEICの点数など客観的に)、職務経験を最低2年はお持ちである事でしょうか。

また、新卒での就職は全く0ではないものの、選択肢が非常にせまくなるのは事実です。

●御社のサービスについてお聞かせください。

私達Talent Logicは、候補者の方々のキャリアプランを理解した上で、最良のアドバイスを行い、候補者各自の力量と経験を考慮に入れ、お仕事をご提供できると信じております。

企業様、候補者の方々双方に対し、満足度の高いサービスの提供や、事実に基づく真摯な対応を常に心がけています。

今年にはオフィスをより便が良い場所に移転する予定です。

Talent Logicのウェブサイト

(インタビュー’13年3月)

*当インタビューは英語で行われたものを、『アジアdeオシゴト』のスタッフが日本語に翻訳したものです。

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。