【海外就職 シンガポール】日系企業(専門商社)で働くRさん(女性・30代前半)

シンガポールの日系企業(専門商社)でDPビザにて働くRさんに伺いました。

●何故シンガポールで就職されましたか?

昨年パートナーがシンガポールに駐在となり、それに合わせてこちらに住む事になりました。

家にいるよりも仕事をする事で、地元の人と知り合うチャンスかなとも思いまして。

●入社した会社は日本企業ですか?

はい、そうです。

●現在の仕事の内容について教えてください。

フルタイムで総務事務をやっています(社員に関する諸事務管理、サポートなど)。

●(そのお仕事の)経験はありましたか?

いいえ、ありませんでした。

●その前はどのような仕事をされていましたか?

雑誌やウェブサイトの企画・編集をしていました。

●就職が決まるまでの活動期間を教えてください。

人材紹介会社2社に登録して、約2ヶ月だったでしょうか。

DP(Dependant Pass)取得にちょっと時間がかかった為に、それに合わせての就職となりました。

既にビザをお持ちの方は私程の日数はかからないと思います。

(注:Dependant Passとは、帯同家族のビザの種類。働く為には労働省への届け出が必要)

●シンガポールで働く為に必要なのは何と思われますか?

自分で就職活動をしてみて実感したのですが、語学力(英語)でしょうか?

語学力の有無で、給与額も高く、つける仕事も幅広くなると思います。

●現在どのような資格をお持ちですか?

特に持っていません。

●過去に海外の経験はございますか?

学生時代に1年程、とある国に滞在していました。

●休日はどう過ごしていますか?

現在英語と中国語を習っている事もあって、平日は忙しく過ごしているので、週末は家でのんびりと過ごしています。

●お住まいはどうされていますか?

パートナーが駐在の為、住居として選んだコンドミニアムに住んでいます。

●シンガポールのどこか好きですか?嫌いですか?

好きなところは、こちらが英語を上手くしゃべれなくとも、聞こうと言う前向きな態度で接してくれる事。

食が安い事。

交通機関が発達していて、便利な事。

嫌いなところは、当初想像していた以上にきっちりとし過ぎている事。

私の職場の地元の人達を見て思う事なのですが・・・・・・。

●これからシンガポールで就職を考えている人へのアドバイスは何かございますか?

私の場合、ビザがDPという事で、そちらのビザを取得している人に関してのお話しになるのですが、一般に日本人を含む外国人のビザ取得が厳しくなっている中で、企業側がDPビザの人材の採用に積極である事が、就職活動から知る事が出来ました。

勿論、駐在の場合にはパートナーの働く会社の許可が必要となるとは思います。

私の場合、シンガポールでも働こうと思っていましたので、そのつもりでパートナーの会社の許可を取り、就職活動を行いました。

インタビューを終えて

英語がちょっと苦手でとおっしゃるRさん。

DPでの就労とのこと。

近年、外国人(日本人が取得するビザの種類P1,P2,Q1,Sパス)のビザ取得の条件のハードルが高くなりました。

その為に雇用主である会社が提示できる給与額が、その方のビザ取得可能なレベルに達しない場合があります。

そこで、ビザ取得に問題が生じないPR(永住権)DP保持者の方々の雇用の方を優先する企業も増えてきました。

その様なRさんが通うのは、お仕事の他に英語と中国語の学校。

語学の習得で任される仕事の幅も広がる事が予想されますので、今の努力が将来の糧になる事は間違いありません。

ご本人のご希望で暮らした外国名は伏せましたが、そこと比べてでしょうが、「シンガポールはバスがきちんと来るんですね」と。

おっしゃっていたのは、遅れる程度の話ではない様です。

ここでの生活に慣れた私にはその言葉が新鮮に感じられました。

生活をしていると当たり前になっている、まだまだ不便にも感じる事のあるシンガポールでの諸々な事を見つめ直したいと思えたインタビューでした。

(インタビュー’13年3月)

協力: ARCHAGENT PTE LTD

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。