【海外就職 シンガポール】日系企業で働くSさん(女性・30代前半)

シンガポールの日系企業購買担当者として働くSさんに伺いました。

●何故シンガポールで就職されましたか?

元々大学を卒業した時から海外で仕事がしたいという気持ちを持っており、仕事の経験を日本で経た後でと考えていました。

海外と言ってもアジアでの就職は考えていなかったのですが、アメリカ(合衆国)やカナダなどはビザ取得が難しいのに比べて、シンガポールは比較的容易だった事や英語が使える事、そして同じアジア人に対しての差別もないとの事でしたので、この国での就職を考え、こちらに来ました。

●入社した会社は日本企業ですか?

はい日本の企業です。

●現在の仕事の内容について教えてください。

部品の調達を行う購買部門で働いています。

●(そのお仕事の)経験はありましたか?

いいえ、ありませんでした。

●その前はどのような仕事をされていましたか?

日本ではカスタマー・サービス(一般事務)の仕事をしていました。

●就職が決まるまでの活動期間を教えてください。

シンガポールに来てから2ヶ月半です。

こちらに来るきっかけは、面接が決まった事でした。

●2ヶ月半はちょっと長い期間になりますね。何か理由でもございますか?

実はその間には数社から内定を複数いただきましたが、経験していない仕事がしたい・(面接を経た印象が)自分がやりたい仕事と違うとの思いから、結果2ヶ月半となりました。

その滞在期間の関係上、一旦海外に出る必要もありました。

●シンガポールで働く為に必要なのは何と思われますか?

語学力(英語・中国語など)は武器だと思います。

異文化コミュニケーション,宗教に対する理解(様々な人種がいるため)姿勢としては自分の意見をきちんと言える事も重要です。

●現在どのような資格をお持ちですか?

TESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages)、珠算、ファイナンシャルプランナーなど。

●過去に海外の経験はございますか?

オーストラリアとカナダ、合わせて3年程、ワーキング・ホリディなどを利用し滞在していました。

その間、語学学校にも通いました。

●休日はどう過ごしていますか?

近くの国を旅行したりしています。

●シンガポールのどこか好きですか?嫌いですか?

好きなのは、気候が安定している事、近隣諸国に身軽に行ける事、日本の物が豊富に購入可能、タクシー・電車が安い事。

そして人が優しいところ、結婚後も女性が働きやすい環境にあることです。

嫌いなのは、建物の外と中の温度差が大きい事、食べ物が脂っこい事、輸入に頼っている国なので新鮮な野菜などが手軽な金額では手に入らない事(ファーマーズマーケット等がない)、運転が乱暴な事、家賃が高い、間借りの場合には台所の使用が制限されるケースが多い事です。

●これからシンガポールで就職を考えている人へのアドバイスは何かございますか?

世間一般に「日本人は英語が下手だ」と言われていますが、少なくとも私の働く会社の駐在員は英語が上手いので、語学に関しては、この様な噂を鵜呑みにして勉強を怠ることなく、自分自身努力する事だと思います。

すべては体力勝負です。

就職活動も仕事を始めてからの労働もタフです。

アクティブに動ける体力を持つ事。

席を温める間もなく、飛行機に乗っての出張も多くなる方もいると思います。

仕事を得るにあたって、面接を経て、実際その会社で働く人に会ったり、オフィスに行ったりする事で、求人票では見えなかったものが感じ取れると思います。

当初の思いに反して、自分がこれは何か違うと思ったら、妥協せずに就職活動を続ける事。

仕事が決まらない時期は辛いですが、自分自身の意識の持ち様だと思います。

インタビューを終えて

将来も引き続き海外で仕事をし、暮らして行きたいとおっしゃるSさん。

今までお会いした方の中でも、無職での就職活動期間が長いと思われた為、理由を聞いてみましたところ、自分のしたい仕事にこだわった為にそれだけの日程がかかってしまったとのこと。

その中で気になったのは、『シンガポールで就職活動ができる期間』だったと。

ひとつが滞在費の問題、そしてもうひとつが入国審査上の滞在の可否。

1ヶ月の滞在の後は海外に出て、再入国をするなどして就職活動をする事が可能ですが、それも永遠にできるものではありません。

再入国時に警告をされる場合もあります。

Sさんの場合、幸い就職先が決まりましたが、妥協したくない気持ちと滞在できる期間との兼ね合いも肝心です。

仕事の経験を積んで、将来は海外出張もあるかもしれませんと前向きに仕事の展開をおっしゃるSさん、シンガポールでの生活がこれから始まるという雰囲気でした。

(インタビュー’13年9月)

協力:ARCHAGENT PTE LTD

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。