【海外就職 シンガポール】日系企業で働くKさん(男性・20代後半)

シンガポールの物流会社に勤めるKさんとお会いし、お話を伺いました。

●何故シンガポールで就職されましたか?

日本での仕事・生活・環境に閉塞感を感じた為、海外に出る事を考えました。

ワーキングホリデー()がある国で、台湾・香港・シンガポールと候補に挙げ、その中で英語が使えると言う視点からシンガポールを選びました。

●入社した会社は日本企業ですか?

地元(シンガポール)で日本人が経営する会社です。

●現在の仕事の内容について教えてください。

物流全般、フォワーディングから、引っ越しまでやっています。

●(そのお仕事の)経験はありましたか?

はい、100%は重なりませんが、日本では倉庫物流会社に勤めていましたので、同業界となります。

●その前はどのような仕事をされていましたか?

大学を出て、新卒後3年間、輸入貨物の国内配送の事務にたずさわっていました。

●就職が決まるまでの活動期間を教えてください。

約1週間です。

ワーキングホリデーのビザ期間内に人材紹介会社にも登録し、仕事を探していました。

まだ時間的余裕がありましたが、たまたま知人から人を探している会社があると聞き、連絡先を聞き、面接をしてもらいました。

自分の経歴を周りにオープンにしていたのが目にとまった様です。

●シンガポールで働く為に必要なのは何と思われますか?

勇気、度胸。

外国語でもひるむことなく、言わなくてはならない事は言う、といった様な。

そして、素直さ。

年齢的なものもありますが、幸いにして色々な人にアドバイスをしていただけます。

まずはお話を聞く、という事でしょうか。

最後に、現実的な話ですが、貯金。

海外に行こうと大学卒業時には思っていましたので、ある程度の資金を貯めていました。

●現在どのような資格をお持ちですか?

日本の資格、「危険物取扱者乙種4類」「倉庫管理主任者」「防火防災管理者」という免許を持っています。

●過去に海外の経験はございますか?

いいえ、ありません。

●休日はどう過ごしていますか?

本を読んだり、ランニングをしたり・・・・・・、プールで泳いだり。

●お住まいはどうされていますか?

最近引っ越したのですが、コンドミニアムにシェアーで住んでいます。

家賃は1000ドル未満に抑えています。

●シンガポールのどこか好きですか?嫌いですか?

好きなところは、気候、食事、治安が良いところです。

嫌いなところは、日本人的にはちょっとと思えるマナーを目にしたり、ホーカーなどの衛生面ですね。

●これからシンガポールで就職を考えている人へのアドバイスは何かございますか?

他人と同じ事をやっても仕方ないと思います。

あたってくだけろ!でいいのかなとも。

また、外から日本を見ると言う経験も必要だなと私自身実感しています。

視野が広がると思います。

インタビューを終えて

この先ずっとシンガポールに留まるかどうかはまだ決めていないですとおっしゃるKさん。

大学卒業時から海外に行くことを考えていたとの事、会社の方針で自分が海外に出るにはまだまだ先になりそうだと知り、辞職され、自分で海外に出る事を決心されたそうです。

お仕事でご一緒した事があるのですが、その仕事の動きや言葉使いから、きっちりとした社会人のトレーニングをされている事がわかります。

3年という、けっして長くはない日本での就労経験。

それでも、日本での社会人経験は大切だと再認識しました。

また、Kさんからは、日本での閉塞感という言葉を耳にしました。

その閉塞感を感じる日本を、ちょっと離れて見る事は(ご本人もおっしゃっていましたが)、他の国とも比較対象ができるという意味においても良いのかもしれません。

感じるとところも違ってくるでしょう。

Kさんの場合、20代の内に海外での就労経験を積むのは将来に良い糧になるのは間違いないと思えました。

色々なものを吸収でき得る、この先10年間くらいが将来の道を決める大事な時期になりそうです。

シンガポールのワーキングホリデー制度は、2国間協定でなくシンガポールが定めたものです(ビザの名称は、ワークホリデーパス)。詳細は姉妹サイト「シンガポール ワーキングホリデー支援 アジアで働く」をご参考ください。

(インタビュー’12年9月)

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。