【海外就職 ベトナム ホーチミンシティ】日系企業で働くMさん(女性・30代前半)

ベトナム(ホーチミンシティ)が本社の日系会社で働くMさんにお話を伺いました。

●何故ベトナムで就職されましたか?

アジア全般に興味がありましたが、日本にいる間、新聞などでベトナムが今経済発展をしているということを知りました。

そんな活気ある国で生活をして、その勢いを感じてみたいと思いました。

●入社した会社は日本企業ですか?

日本にも営業所はありますが、本社はホーチミンの日本人が経営する会社です。

●現在の仕事の内容について教えてください。

旅行者や在住者に向けた情報誌で編集の仕事をしています。

●(そのお仕事の)経験はありましたか?

月刊誌は初めてですが、日本でも編集の仕事にはずっと携わっていました。

●その前はどのような仕事をされていましたか?

日本では転職を2回していて、最初の約3年は週刊誌(雑誌)で編集、その後の5年間はフリーペーパーで編集をしていました。

●就職が決まるまでの活動期間を教えてください。

日本で勤めていた会社が、2011年12月いっぱいで契約が切れるというのが入社の時点でわかっていまして、転職をまじめに意識し始めたのは、2011年入ってからです。

3月に震災があり、やりたいことがあるなら、今やらないとまずいじゃないかという気持ちになり、1年でもいいから、海外で生活してみたいと思いました。

あと、年齢的にも30歳ということで、最後のチャンスかも、という気持ちもすごく強かったです。

実は、そういう思いになったときはベトナムのべの字も頭にはなく、タイかマレーシアがいいなと思っていました。

その国々がいいと思った理由はとくにないですが・・・・・・。

偶然、2011年10月に仕事でベトナムに行くことになり、いろいろ調べていくうちに、興味を持ちはじめました。

ベトナムの就職活動をスタートしたのは2011年9月下旬です。

一度、現地で会社の説明をいただきました。

その後、スカイプで最終面接をしました。

それは12月30日で、翌日は採用のご連絡はいただきました。

●ベトナムで働く為に必要なのは何と思われますか?

正直、まだ1カ月も経過していないので見るものすべてはまだ新鮮。

と同時に右も左もわからないことだらけです。

なので、勇気?とかなんですかね・・・・・・。

まだまだ自分には足りない気がしますが・・・・・・。

●現在どのような資格をお持ちですか?

とくに資格は持っていません。

●過去に海外の経験はございますか?

アジア圏の旅行とアメリカでの1カ月ホームスティしたくらいです。

●休日はどう過ごしていますか?

まだバイクや自転車を持っていないので一人で動き回ることはできていないのですが、
近所の食堂に行って、ご飯を食べたりしています。

その食堂のおじさんとおばさんとちょっと話をしたり、お客さんと話をしたりしています。

あと、こちらはカフェなどでよくイベントが結構行われています。

そういったところに行って過ごしたりしています。

●お住まいはどうされていますか?

会社が手配してくれたサービスアパートメントにいます

●ベトナムのどこか好きですか?嫌いですか?

食べ物がおいしいところは好きです。

嫌いなところ・・・・・・まだ見えていないところが一杯で何が嫌いなのか、まだわかりません。

しいて言うなら、電車があるとうれしいかも(東京での地下鉄があまりにも便利だったので)?

●これからベトナムで就職を考えている人へのアドバイスは何かございますか?

私は英語もろくに話せなければ、ベトナム語は全くわかりません。

こちらに来て、まだ1カ月しか経っていないので、わからないことだらけです。

もしかすると、2カ月後、半年後、つらいことも発生するかもしれませんが、何事も経験だと思っています。

とりあえず、勇気を持って行動するのみ!なのかも、と自分に言い聞かせています。

インタビューを終えて

偶然の出張の機会にベトナムに興味を持たれ、就職されたMさん。

就職前にベトナムへ来られた時には、「ここで暮らせるかどうか」を熟慮、そして決断。

理由は、旅行でなく、暮らしてみないとわからない部分がある国に感じた、と。

やはり最後はその国に対する好奇心、それと魅力を感じたとおっしゃるオファーされた仕事内容が、決断を後押ししたのではないでしょうか。

日々、色々な事に興味を持ち、街を歩いている姿が目に浮かぶようです。

ベトナムの若者文化(アート等)や料理にも興味をお持ちとのこと。

将来はもし日本に帰るも、ベトナムとの関わりを持った仕事を続けたいと、ベトナム語も習い始めたそうです。

語学(英語とベトナム語)はまだまだとのMさんにとって、日本での職務経験がベトナムでの就職の結びついたのはインタビューからも明らかです。

現地の人材紹介会社へ経歴を送ったところ、ちょうど編集に関わる求人があったと。

海外転職では日本人求人の総数が少ない為に(特に特殊な仕事の場合)、自分の望む仕事が、自分が希望する時期にあるとは限りません。

常に諸々な求人情報をチェックする事、また求人が集まる人材紹介会社へは長めの期間を考えて登録をするのが良いと思われます。

Mさんは、当ウェブサイト「アジアdeオシゴト」をご活用されました。

検索エンジンで「アジア 働く」でヒット。

HP(アジアdeオシゴト)上でアップされた就職情報を常にチェックし、気になったところへのアプローチ(名前登録)をされたそうです。

人材紹介会社に経歴詳細を伝えられた時に、ちょうど編集の求人があったとのお話。

私達アジオシスタッフもMさんの就職活動を少しでもサポートできたのかと思うと、嬉しく思います。

(取材12年3月)

取材協力:アールベトナム

人材紹介会社コンサルタント インタビューはこちら

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。