ベトナムの人材紹介会社リーラコーエン・ベトナムの高橋キャリア・アドバイザーに伺いました。

●ベトナムの現状とそこで日本人が働くということについてお聞かせください。

ベトナムに関して、直近での海外就職の変化として、「ビザの基準が厳しくなってきた」事があげられます。

ビザ取得においては、4大卒の学歴が強く有利に働き、勉強した内容(学部)とベトナムでの就業内容が一致する事が前提となります。

例えばベトナムで営業職の場合ですと、経済学部や経営学部卒は、文学部や商学部卒よりよりビザ取得のハードルが低くなるという具合です。

4大卒以外(高卒や短大・専門学校卒)または卒業学部とベトナムでの就業内容が一致しない場合は、ベトナムでの就業内容と同等の経験が日本で5年以上ある事を証明する職歴確認書を作成します。

この際、前職企業に書類へのサイン・捺印などご協力頂く事になります。

しかし、実際のところ4年制大学を卒業しており、社会人経験が2年以上ある方に関しては依然企業のご紹介は可能ですので。

ご自身がその求人票に応募できるかご不明な場合は、いつでもご相談ください。

 

●企業の求める人材とは?

ベトナムで求人募集の多い業界は、製造業、貿易業、物流業、金融などで、内容としては、それぞれの業界の経験者で即戦力となる人材の募集が増えています。

トレンドとしてIT・WEBサービス系で活躍できる人材も募集ニーズが増えつつあります。

また、最近の傾向のひとつとして、企業が現地化を進めていることもあり、今まで駐在員が担っていたポジションも、現地採用に代替されるケースも徐々に増加しています。

外資系企業からの求人の傾向は、必須条件として語学力(英語)はもちろんの事ですが、日系マーケットを全般的に担当する職務が多くなり、専門知識が問われるケースが多いです。

その上、日本もしくは、その他での社会人経験は3年以上ほど求められる場合が多いことも大きな特徴です。

また、ベトナムでの日本人募集には「日本人としての対応」を期待されているという現実があります。

それは、現在日本人を募集しているポジションには、「日本人でなくてはならない」理由があるからなのです。

多くのケースにおいて、そういったポジションには、日系企業・日本人担当者への対応や日本のビジネス環境により近い対応、顧客への+αのサービスを提供できることが要求されています。

さらに大切な要素として欠かせないのが、コミュニケーション能力です。

社内でのコミュニケーションはもちろん、社外で関わるベトナム人やその他外国人とのコミュニケーションがうまくとれない、という壁にぶつかるケースが時にありますが、ベトナム人との円滑な関係構築には英語力と、他者とのコミュニケーション力、ふたつの力が必要です。

●これからベトナムで働く人へのアドバイスをお願いします。

これからベトナムで就職活動をご検討される方にベトナムの魅力をご紹介すると下記があげられます。

【比較的多種の業界の求人が多い】

ベトナムで求人募集の多い業界は、製造業、貿易業、物流業、金融などで、内容としては、それぞれの業界の経験者で即戦力となる人材の募集が増えています。

最近のトレンドとしてIT・WEBサービス系で活躍できる人材も募集ニーズが増えつつあります。

つまり、他国では見つからない職種もベトナムでは見つかる可能性があります!

【企業の求人(応募)条件のハードルが低い】

ベトナムは他のアジア諸国と比べ、現地求人のハードルが低いと考えられます。なぜなら、

  • 英語を公用語として話す国ではないので、そこまで語学スキルを求められない。
  • 日本人・法人に対してサービスを提供する会社の募集が多い。
  • ビザのそもそもの要件が他国に比べて比較的低い
  • 現地就労者が多いため、企業自体が市場を熟知しており、研修、教育に関してもノウハウがある企業がある。

つまり、比較的海外就職がしやすい環境です!

【勤勉で親日的なベトナム人は仕事仲間、友人としても接しやすい】

  •  器用で細かい ベトナム人はこれまで手工業が発達してきたことや様々な生活用品も作っていることから、器用で細かい作業が得意です。
  • 教育熱心で勤勉 ベトナムではダブルスクールや習い事をしている人が非常に多く、勉強熱心です。
  • 新しい仕事にあたっても、一生懸命に覚えようと勉強し、規則も学んで実行する勤勉さも持ち合わせています。

日本人のとっては、馴染みやすく、とっても親日な人たちです!

【ベトナムの食事はとにかくおいしい】

高いものから安いものまで、なんでも揃うのがベトナムの魅力です。

路上のローカルカフェだと、1万ドン以下なんてこともあります。

また、食事を楽しむ場所はコムビンザン(定食屋)から各国料理のレストラン、ホテルでのアフタヌーンティなどピンキリです。

コムビンザンで2万8,000ドンのランチをした後に、ホテルのラウンジで15万ドンのドリンクを飲みながらゆったりなんてこともあります。(2017年4月時点で1万ドンは約50円)

気分や予算に合わせて組み合わせていろいろ楽しめますよ。生野菜が多く摂取でき、日本食に近く、健康的です!

●御社のサービスについてお聞かせください。

我々は日本の大手人材サービス企業、株式会社ネオキャリアのREERACOEN VIETNAM現地法人です!

REERACOENグループは東南アジアを中心に9か国(ベトナム、インド、タイ、シンガポール、台湾、マレーシア、インドネシア、中国、フィリピン)にオフィスを構える日系の総合人材紹介(職業紹介)会社です。

2000年から国内・海外の人材サービスを展開してきたノウハウを元に、ベトナムでのみなさまの転職活動をサポートいたします。

私たちの転職支援サービスは、スピード感と丁寧なマッチングを大切に考えています。

また現地屈指の求人数を誇り、多種多様な求人のご紹介が可能です!

転職を希望される背景を細やかにヒアリングし、企業風土・職務内容・待遇を総合的に判断し、最適な求人のご紹介をさせていただきますのでこの機会に是非ご連絡ください。

 

リーラコーエン・ベトナムのウェブサイト

(インタビュー・2017年4月)

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。