【海外就職 シンガポール】日系企業で働くMさん(男性・就労時20代後半~30代前半)

数年前までシンガポールで現地採用として日系メーカーのマーケティングのお仕事をされていたMさんにeインタビューしました。

●何故シンガポールで就職をされましたか?

どこでもいいからとにかく海外に出たかった中、たまたま連絡のあったシンガポール航空のスチュワーデスの友人に推薦されたのです。

当時の日本での仕事がパッとしなかった事もありましたが。

●入社した会社は日本企業ですか?

合計3社で働きましたが、全て日本企業です。

●(その仕事の)経験はありましたか?

技術営業という意味ではありましたが、分野は全く違っていました。

●以前にはどのような仕事をされていましたか?

ソフトウェア及びデザイン関連の営業職です。

●就職が決まるまでの活動期間を教えてください。

お金を貯めたり情報を取ったりする日本での準備には数ヶ月かかりましたが、シンガポールに来てからは1ヶ月です。

当時インターネットがあればどれだけ助かったことかと思います。

●シンガポールで働く為に必要なものは何と思われますか?

1にやる気、2に体力、3,4がなくて、5に必要最低限の英語力ですが、やる気だけでも何とかなるような気もします。

●その当時どのような資格をお持ちだったでしょうか?

仕事に関係したものでは運転免許と、工学修士です。

4級船舶や4級無線免許やC級漕艇審判資格も一応ありましたが、これらを仕事に用いたことはこれまでの人生で一度もありません。

●(シンガポールで就職した当時)過去に海外の経験はございましたか?

海外旅行に出たことすらありませんでした。

若かったとは言え、よくやったなあと我ながら思います。

●休日はどう過ごしていましたか?

参加していたボート(漕艇)とドラゴンボート(龍舟)のチームでの練習、及び練習後の飲みに大半を費やしていた気がします。

思い出深いのは後者。

あと、よく近辺諸国に旅行に行っていました。

●お住まいはどうされていましたか?

随分綺麗に装飾されたHDBの1室を間借りしていました。

●シンガポールのどこが好きでしたか?また、嫌いでしたか?

好きな所: 南国特有の大らかな雰囲気、安くて美味しい食事

嫌いな所: シンガポール人のモラルの低さ、拝金主義

●これから就職を考えている人たちへのアドバイスは何かございますか?また、シンガポールで働いたことで今に繋がったことなどございましたら、これから働く人たちへの参考としてお教えください。

とにかく強い信念を持って、自分が正しいと思ったことを貫くことでしょう。

私も上司に嫌がらせをされたり、弁護士とやり取りをする様な揉め事にも出会いましたが、自分が間違っていないと自信を持ち、きちんとやることをやって周囲の信頼を得ていれば、必ず道は開けます。

それはシンガポールだろうが、日本だろうが、アメリカだろうが同じです。

特に海外で働くと言う状況に置いては「揺るがない自分を持つ」と言うことが重要な気がします。

他人やマスコミの意見に簡単に流される様ではダメです。

あとは常に情報を積極的に取りに行くことですね。

特に人脈からの情報です。

インタビューを終えて

数年前にシンガポールを離れ、帰国されたMさん。その海外での経験を生かし、帰国後に入社した会社で米国駐在となられました。

シンガポール滞在当時から勉強会などのサークルに属し、他の職種や国籍の方々などとも積極的に交流を持たれていた姿が思い起こされます。

日々向上心を持たれていたMさんのインタビューでは、信念を持つことの大切さを改めて考えさせられます。

(このインタビュー記事は数度のeメールにて聞き取りをしております)

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。