【海外就職 シンガポール】日系企業で働くTさん(男性・30代後半)

電子部品メーカーの営業職で、タイ出張から帰国したばかりのTさんとお会いしました。

●何故シンガポールで就職をされましたか?

実は以前日本の会社の駐在員としてシンガポールに赴任していました。

会社のシンガポールの出先を閉鎖するという決定の為に、帰国命令が出ました。

日本で10年ほどサラリーマン生活を過ごしてきて、その時間に追われる生活スタイルをここシンガポールで暮らすことで疑問に思えてきました。

悩んだ末に仕事とプライベートを区別する生活スタイルを維持したいと考えたのが、シンガポールで就職することに決めた理由です。

●入社した会社は日本企業ですか?

はい。

日本の電子部品メーカーの販売会社で、東南アジアが販売テリトリーです。

●経験はありましたか?

営業としての経験はありましたが、以前とジャンルの異なる電子部品の営業経験はありませんでした。

●就職が決まるまでの活動期間を教えてください。

人材会社に登録して1ヶ月です。

私の場合、駐在として働いていた会社を辞めた後に、今の会社へ入社する前に他の会社に勤めていましたので、仕事をしながらの転職という形になります。

その間、5社の面接がありました。

前回の失敗を踏まえて、自分が納得できる職場を見つけたいと思っていましたので、時間をかけて会社探しをしようと考えていました。

今の会社は、経営方針に共感をいだいたことと、面接相手であった自らの上司となる人に信頼感を持てた為に、自分が思ったよりも早く就職が決まりました。

●シンガポールで働く為に必要なものは何と思われますか?

英語レベル、具体的にはTOEIC600点以上はあったほうがよいのではと思います。

また、恥を恐れないチャレンジ精神と素直な心も必要です。

●現在どのような資格をお持ちでしょうか?

資格ではないかもしれませんが、英語レベルはTOEIC735点です。

●過去に海外の経験はございますか?

シンガポールに駐在で2年半、現地採用として3年半です。

●休日はどう過ごしていますか?

アウトドアスポーツに出かけたり、家でCDを聴いたりしてリラックスしています。

●お住まいはどうされていますか?

中古のコンドミニアムを購入して、妻とふたりで住んでいます。

●シンガポールのどこが好きですか?また、嫌いですか?

好きなところは自分の時間が自由に取れるところ、安全治安面で心配しなくていいところ、インフラが整備されているところです。

嫌いなところはシンガポール人の自己中心的なところ、お金にうるさいところ、飲食店のサービスの質の低いところです。

●これから就職を考えている人たちへのアドバイスは何かございますか?

就職を決める面接前にその会社について調べえることは調べ、面接する社員をこちらも面接するつもりでよく観察すること。給与の金額の多寡だけではないものをどう読み取るかが必要です。

働いた後は、契約以上のことを求められる場合、面接での説明と実際が異なるということがわかった場合には、将来も考えて判断することが大切に思います。

インタビューを終えて

駐在員として赴任したシンガポールでの生活が自分のライフスタイルだと判断されたTさん。

シンガポールでの就職に踏み切った勇気とそのバイタリティを強く感じました。

会社でも責任ある仕事を任され、コンドミニアムもご購入され、仕事にプライベートに充実した日々を送られていることが端々から伺えます。

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。