シンガポールの人材紹介会社リーラコーエンの朝倉社長に伺いました。

シンガポールの人材紹介会社リーラコーエンの朝倉社長に伺いました。

●シンガポールで働くということについてお聞かせください。

近年ビザの取得が今まで以上に厳しくなったシンガポールです。

シンガポールで「何をやる」「何をやりたい」「何がやれる」、それらを念頭に自らの年齢と給与を踏まえた上で、就労ビザが出るのかどうかをチェックする必要があります。

その場合、過去にシンガポールで仕事をしていたりして、既に当地を離れている人の情報が、はたして正しいのか?

他人の情報を丸のみすべきではありません。

外国人の受け入れ制度は、変化も早く、正しい情報を得る事が大切です。

必ず今現在の情報を得てください。

現在シンガポールへの就労条件は厳しくなってきたと言って過言ではないでしょう。

●企業の求める人材は?

PR(永住権保持者)、DP(帯同家族用ビザ)の人材を求める動きがひとつの流れでしょうか。

これはやはりビザを取る事の難しさから来ているものだと考えられます。

EP(就労者ビザ)を企業がサポートしての就労においては、営業であれば働き始めての初月から売上が立てられる人など、本当の即戦力が求められています。

なお、雇用元はシンガポールながら、他国への異動可能な人材を求められるケースもあります。

●これから働く人にアドバイスをお願いいたします。

シンガポールに来る前に充分な準備をして、就職活動をしましょう。

自分の市場価値は何なのか、日本人だけでなく多国籍の人達とのポストの争奪戦です。

シェフなどの特殊な仕事を別にして、競争は日本人とだけはない事を、しっかりと心得ておく事が肝要です。

日本人であるという事のアドバンテージは少ないのでは?と思います。

マネージメントレベルの実力を持つ事、言いかえれば就労ビザが出る給与レベルの価値を持つ事ではないでしょうか。

●御社のサービスについてお聞かせください。

人材採用、ビザ申請、採用代行等人に関わるサービスを幅広く対応させて頂いております。

特に、会社立上げの際の人材関連にまつわる部分を包括的に対応しております。

ちなみに、弊社のREERACOEN(リーラコーエン)の名前の由来は日本本社のNEOCAREER(ネオキャリア)を逆さから読んだものとなります。

リーラコーエンシンガポールのウェブサイト

(インタビュー’13年5月)

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。