【海外就職 シンガポール】日系企業で働くMさん(女性・20代後半)

シンガポールの日系企業で働くMさんに伺いました。

●何故シンガポールで就職されましたか?

高校生の時から海外で働く事に興味があり、その流れで大学の専門も国際関係学を学びました。

興味を持ったきっかけは思い出せないのですが、当初は発展途上国での仕事に関して、漠然とながらも、深い関心がありました。

シンガポールで働くことを選んだ理由は、この気候(暑いのが好き)という生理的なものと、実際の生活を考えての給与額でした。

●入社した会社は日本企業ですか?

はい日本の企業です。

●現在の仕事の内容について教えてください。

まずは既存の繋がりのあるお客様への営業活動。

経験を積んできたら、新規営業も担当する事になります。

●(そのお仕事の)経験はありましたか?

いいえ、営業は初めての経験です。

●その前はどのような仕事をされていましたか?

教師をしていました。

●就職が決まるまでの活動期間を教えてください。

人材紹介会社数社に登録してから、約1ヶ月です。

●シンガポールで働く為に必要なのは何と思われますか?

自分の場合、失敗を恐れない度胸だと思います。

●現在どのような資格をお持ちですか?

教師の免許、自動車免許。

●過去に海外の経験はございますか?

はい、大学時代にインド・東南アジアを数ヶ月バックパックカーとして旅行してまわりました。

●休日はどう過ごしていますか?

お友達と会ったり、料理をしたり、ジムに行ったりしています。

●お住まいはどうされていますか?

コンドミニアムをシェアーしています。

予算はだいたい月1000ドルくらいです。

●シンガポールのどこか好きですか?嫌いですか?

好きなところは、フレンドリーなところです。

仲良くなれば、諸々の事に親身に接してくれます。

あと、色んな文化がミックスされたところでしょうか。

1つの国で色々な料理・お祭りが楽しめます。

嫌いなところは、自然を近くに感じられない事。

あと、お店などに行っても店員さんのサービス態度を不快に感じる事も多いですね。

●これからシンガポールで就職を考えている人へのアドバイスは何かございますか?

海外で働きたいという強い気持ちがある事は、熱意として表れると思います。

何かしらの資格を持つのも有効かもしれません。

面接で会う方に、自分に興味を持ってもらえる事、これが大切なのかな?と思います。

インタビューを終えて

機会があればシンガポール以外の国でも働いてみたいとおっしゃるMさん。

今は新たに営業職という経験のないお仕事に挑戦されています。

経験者が優遇されると言われる海外の求人市場でも、若さとやる気さえあれば、新たに経験を積むチャンスもある事を知らされたインタビューでした。

将来の夢は、出身地である日本の地元の物産を広く海外に紹介したいとのMさん、英語に苦労していますが苦手意識は持ちませんと頑張る笑顔が印象的でした。

(インタビュー’13年4月)

協力: ARCHAGENT PTE LTD

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。