【各国比較】 東南アジア 各国のビール価格

常夏の東南アジア、一日の終わりには「ちょっとビールを一杯」という気持ちになります。

仕事を終えての一杯は格別ですね。

そこで気になるのは、ビールの価格です。

東南アジア諸国のビール価格(330ml)を比べてみました!

  1. シンガポール 946円(8.37ドル)
  2. マレーシア(クアラルンプール) 740円(6.55ドル)
  3. フィリピン(マニラ) 445円(3.94ドル)
  4. タイ(バンコク) 353円(3.12ドル)
  5. インドネシア(ジャカルタ) 313円(2.77ドル)
  6. ベトナム(ホーチミンシティ) 292円(2.58ドル)

*比較対象は、お店で飲む場合の価格

*価格表示は、日本円(アメリカドル)1アメリカドル=113円で換算(2018年11月現在)

*ジャカルタは、別資料:4.20ドル(500ml)より案分

  • シンガポールの価格が、ずば抜けて高いのがわかります。
  • そのシンガポールとベトナムの差は約3倍。
  • シンガポールでは消費税に加えて酒税が高いのもその理由に考えられます。
  • ちなみに東京のビールは、810円(7.17ドル)です。

参考資料

Wall Street Journalの資料を参考にしています。

https://graphics.wsj.com/table/BEER_062415

インドネシア(ジャカルタ)は、ビジネスインサイダーの資料を参考

https://www.businessinsider.jp/post-107774

(注)各統計資料によって数値は異なります。

では国別消費量は?

こちらは、「キリンビール大学」レポート(25位まで明記)から

  1. ベトナム 411.7万KL・・・・・・世界第9位
  2. タイ 191.0万KL・・・・・・世界第19位
  3. フィリピン 162.0万KL・・・・・・世界第25位
  • 東南アジアで圧倒的にビール消費の多いベトナムが目立ちます。
  • 東南アジアのイスラム教徒の多い国は、消費上位国には入っていません。
  • ちなみに日本は525.1万KL(日本は世界第7位のビール消費国)です。

参考資料(2016年)「キリンビール大学」レポート 2016年 世界主要国のビール消費量

https://www.kirin.co.jp/company/news/2017/1221_01.html

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。