公共交通・移動-ベトナム

ハノイやホーチミンシティの市内では多くのバイクが走り、庶民の足となっているのを目にする。慣れないと道の反対側に渡るのも躊躇するほどの交通量がある道路もある。横断歩道などでも停車しないバイクもあるので注意が必要。

日々の利用に適した電車・地下鉄がない為、公共機関としては基本的にはタクシーやバイクタクシーでの移動が主。

社用車や自家用車を利用する以外に、バイクを購入して日々の生活の移動に利用している日本人もいる。

ベトナム人も外国人もGrabなどの配車アプリを使用する人が増加。

現在、ホーチミンシティでは日本資本/ハノイでは中国資本により、地下鉄の建設がすすめられている(現在のところ完成は2020年の予定)。

タクシー

初乗り10,000ドンが一般的、30分程度乗車してもおおよそ日本円で800円程度。

バイクタクシー

メーターはないので、乗車前に行き先と価格を交渉してから乗ることになる。

バス

路線バスはあるが、ベトナムの生活にかなり慣れた後でないと使用するのは難しいと思える。

ベトナム就職生活ガイド一覧

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。