日々の食事-ベトナム

ベトナムの食の特徴

庶民的なお店から高級フレンチまで幅広く揃っている。

庶民的なお店(ベトナムの定食屋)は、やや衛生面が気になるものの、病気を心配するほどではない。

フォーを含めて、ローカル食堂での料金は20,000~40,000ドン程度。

日本食レストランでのランチはおおよそ100,000ドン前後。夕飯はお酒と食事の量によるが、ビール二杯+おつまみ+メインでおおよそ200,000~300,000ドンくらい。

その他韓国料理・イタリア料理・インド料理など、様々な国の食事が可能。

屋台・フードコート

ホーチミンシティの中心部では、路上屋台は交通事情や当局の取締により殆ど見られなくなった。

道に面して小さな店舗を持つ、そこが歩道にプラスティックの小さなテーブル、椅子を出しているという形がほとんど。

価格は例えばカフェ・ダァ(アイスコーヒー)一杯が街中では15,000~20,000ドン程度、周辺部では10,000~15,000ドン程度。

フォ=を売っている店は30,000ドン程度。

タカシマヤ、イオン、ヴィンコムセンター、BIG C、その他のスーパーなどの大型商業施設の中に入っているフードコートが主流となる。

1箇所で色々な料理が楽しめるのも特徴。

ファーストフード

ベトナムではファーストフードも人気。

老若男女問わず、日常的に利用されている。

早くから進出しているロッテリアに加えて、マクドナルド、ケンタッキーフライドチキン、サブウェイ、バーガーキング、ピザハット等の世界的チェーンが進出している。

また、コンビニの競争の激化にともない、各コンビニが設けているイートインコーナーが若者のファーストフード的な存在として定着。

ロッテリアベトナム すき家ベトナム

レストラン

地元ベトナム料理、中華料理、和食などが多い。

ベトナム資本や外資との合弁の飲食店のチェーン展開が広がっている。

ホーチミンシティの和食店は、従来から日本人街と言われたレタントン地区、そしてファン・ヴィエト・チャン通りに多い。

カフェ文化のベトナムでは、カフェは単なる飲物をだすところでなく、食事も充実させたレストラン的な存在。

ベトナム就職生活ガイド一覧

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。