シンガポールは海外で最も日本と変わらぬ生活が出来る国であると言っても言い過ぎではないだろう。

治安の良さ、充実した公共交通機関、日系スーパー、日系専門店の充実した日本商品の品揃え、複数ある日本人医師が常駐するクリニックなど、周辺諸国に比べ物価の高さは気になるが、日本と変わらぬ生活を実現するという点では、家族との生活に最も適した外国である。

家族向けビザ

就労ビザ保有者で月収$6000以上の者は、配偶者及び21歳未満の子供に対して、シンガポールに滞在できるDependant’s Pass(帯同家族向けのビザ)を申請できる。

Dependant’s Pass保持者は簡単な手続き(Letter of Consentの申請)で、就労ビザの取得無しに働くことができる。

最低給料の規定もないことからパートで働く駐在員の奥様も増えている。

日本人学校・日本の教育

日本人子弟向けの教育機関として、幼稚園、小学校、中学校、高校まで揃っており、日本同様の教育を受けられる。

シンガポール日本人幼稚園

シンガポール日本人学校(小学校・中学校)

早稲田渋谷シンガポール校(高校)

またインターナショナルスクールや現地校に通学する子弟対象の日本語補習校、日本人子弟を対象にした日系学習塾も多く進出している。

シンガポール日本語補習校

インターナショナルスクール

世界各国からの駐在員が生活するシンガポールはインターナショナルスクールも充実している。

インターナショナルスクールは、1)アメリカンスクール・オーストラリアンスクールなど、母体になる国の教育を提供する学校 2)特定の国にこだわらない教育を提供する学校の2つに分けられる。

List of international schools in Singapore(シンガポールのインターナショナルスクールリスト:wikipedia)

シンガポール就職生活ガイド一覧

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。