ミャンマーに滞在する日本人の場合、70日間有効のビジネスビザ、もしくは入国後に在留許可(Stay Permit)のいずれかを取得し就労するケースが大多数。

70日間有効のビジネスビザ

国外のミャンマー大使館等であらかじめビジネスビザを取得。

もしくは入国時に必要書類を提出し、Arrival Visaで取得。

発行から70日間のみ有効となるため、更新の際は国外へ一度出て再入国時に更新しているケースが多い。

在留許可(Stay Permit)

70日間有効のビジネスビザを取得のうえ、入国後に在留許可(Stay Permit)を取得。

初回申請時は3カ月間有効、第2回目は6カ月間有効、第3回目以降で1年間有効なビザを申請することで延長可能。

ただし、これまでの経緯からビザ発行に関する運用が突然変更される可能性があるため、申請時には最新の情報を確認することが望ましい。

ミャンマー就職生活ガイド一覧

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。