最低賃金

日本人が取得する就労ビザには最低賃金(RM5,000)が定められているため、就労ビザの最低賃金額は保証されている。

2017年9月1日から、就労ビザ申請時の給与額によって、カテゴリーⅠとカテゴリーⅡに振り分けられるようになった。

違いはカテゴリーⅠは5年間・カテゴリーⅡは2年間の就労ビザ期間。

マレーシア入国管理局傘下のESD(Expatriate Services Division)の通達

https://esd.imi.gov.my/portal/pdf/Announcement-EP-Category-Re-classification-15052017-FINAL.pdf

一般的な給与額

RM5,000~RM7,000前後

内勤(事務職)、ジュニアレベルの営業職・技術職、コールセンターオペレーターなど。

RM7,000~

マネージャー・中間管理職(部課長レベル)、経営管理職・工場管理職、技術者など。

基本給以外の手当

企業によっては基本給の他に社用車の貸与や住宅(現物あるいは手当)の支給がある場合もある。

マレーシア就職生活ガイド一覧

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。