インドネシアの外国人就労は、就労ビザ(一時滞在ビザ/Limited Stay Visa インデックスC312)をインドネシア国外のインドネシア大使館などで取得、労働省から外国人労働許可証(IMTA)を取得する必要がある。

就労ビザ C312 + 外国人労働許可証(IMTA)

就労ビザ インデックスC312

雇用企業の入国管理総局へのビザ発給許可書(VTT)を受けて発給される。

有効期限1年間を上限とし、初回のみ第三国(日本やシンガポールなど)で取得し、その後の延長手続きはインドネシア国内のイミグレーションにて可能。

在東京インドネシア大使館の就労ビザ説明 https://kbritokyo.jp/ja/

外国人労働許可証(IMTA)

雇用企業の労働省への外国人雇用計画書(RPTA)の提出などの手続きを踏み、発給される。

滞在許可(ITAS Elektronik)

就労でインドネシアに滞在するには、滞在許可(ITAS Elektronik)を取得する必要がある。

移民総管理局のウェブサイトから申請可能。

http://www.imigrasi.go.id/index.php/en/public-services/permit-for-short-term-stay#itas-online-registration

その他の就労ビザ

Social and Cultural Visa

就学用ビザと同じ種類のビザでインターンシップ可能。

インドネシア就職生活ガイド一覧

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。