公共交通・移動-インドネシア

ジャカルタ市内は交通渋滞がひどく、雨季の場合はさらに拍車がかかり、1時間以上動かないことも珍しくない。仕事での外出にはドライバー付きの社用車で移動するか、タクシーを利用する場合が多い。

ジャカルタ名物のバジャイ(青色の三輪タクシー)もあるが、安全の為には通常のタクシーを利用したい。

公共交通機関としては、路線バスや電車もあるが、日本人が利用することは少ない。

電車は、近距離路線と長距離路線がある。渋滞回避のため、近距離路線の電車で通勤するインドネシア人従業員も少なくない。

利用しやすい公共交通機関としては、トランスジャカルタと呼ばれるBRT(Bus Rapid Transit)。

バス(トランスジャカルタ)

ジャカルタ市内の道路にもうけられた専用バスレーンを走行するバス。専用レーンを走るので渋滞でも比較的時間が読みやすいのが利点。

また路線やバス停も目立ち、分かりやすい。

料金はRP 3,500

前方は女性専用エリアとなっているので、女性一人で乗る場合はなるべく前のほうに乗ること。

出入り口に係員が同乗しているが、バス内でのスリ被害の報告は少なくない。

また停留所に向かうための歩道橋でもスリには注意が必要。

タクシー

安全なのはブルーバード、シルバーバード、エクスプレスと言われている。初乗りがRp.7000からとなっていて、主要なビルやショッピングモールにはたいていタクシースタンドがあるので便利。

英語は通じない場合が多い。流しのタクシーも拾えるが、ジャカルタに慣れないうちはタクシースタンドから乗るか、ビルの警備員に頼むのが無難。

バイクタクシー(オジェックなど)

運転が荒いのでおすすめできないが、渋滞で急ぐ場合には便利。ただし料金は交渉制なので、行き先によってはタクシーより高い金額を要求される場合もある。

ヘルメットのロゴなどが目印。

ジャカルタの交通に関してはJICAのホームページも参考にしたい。
https://www.jica.go.jp/project/indonesia/004/transport/

インドネシア就職生活ガイド一覧

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。