健康・医療 -インドネシア

国土が広いインドネシアではあるが、都市部では僻地に比べて比較的医療施設が整っているが、充分とは言えない状態。

首都のジャカルタには、外国人や富裕層向けの設備が整っている病院もある。

2016年の規制により、現在日本人医師や歯科医師の診察はなく、日本語の通訳を経ての現地の医師や歯科医の診察となる。

注意すべき病気

腸管感染症(急性腸炎・食中毒・腸チフス・赤痢アメーバー症・A型肝炎)、デング熱、チクングニア熱、ジカ熱、マラリア、結核、HIV・エイズ、狂犬病、鳥インフルエンザ(H5N1)、虫刺症など

詳細は外務省のホームページで、現地事情・最新情報を入手できる。

外務省|世界の医療事情

外国人の医療保険制度

現地採用の場合、医療保険に加入するかかかった費用を会社で負担(割合は会社による)するのが一般的である。自分の加入している保険または会社でカバーしてもらえる範囲をしっかり確認しておく必要がある。

なお、払い戻しの場合にはいったん自分で立て替えることになる。

外国人向けの病院の場合、1回の診療で薬代も入れると一万円を超えることが多いので、お金を用意しておく必要がある(クレジットカードが使える病院もある)。

日本語対応可能な医療機関

ジャカルタ

共愛メディカルサービス(歯科併設)

タケノコ診療所 チカラン(歯科併設)

タケノコ診療所 ポンドックインダ(歯科併設)

タケノコ診療所 スディルマン(歯科併設)

偕行会クリニックスナヤン

バリ島

タケノコ診療所 バリ

共愛メディカルサービス・バリ

インドネシア就職生活ガイド一覧

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。