日本の食材・商品-インドネシア

インドネシアには約2万人の日本人が住み、特に首都ジャカルタでは日本食・日本の商品の入手がしやすい。

インドネシア人の間でも、日本食材・日本の商品は人気があり、日本の大手小売チェーンが進出している。

日本食材

日本の食材に力を入れているPAYAYA Fresh Gallery(パパイヤ フレッシュギャラリー)。

日本から輸入できない商品などはインドネシア国内で開発・販売している。

AEON(イオン)がジャカルタ郊外に2015年に1号店、2017年に2号店をオープン。

地元スーパーでも都心や日本人が多い地域の店舗を中心に、調味料など最低限の日本食材が揃っている。

PAYAYA Fresh Gallery(パパイヤ フレッシュギャラリー) イオンモールBSD CITY イオンモールJAKARTA GARDEN CITY

日本の商品

インドネシアには日本の大手小売りチェーンが複数進出している。

イオンモールBSD CITY イオンモールJAKARTA GARDEN CITY

ユニクロ ダイソー MUJI(無印良品) 紀伊国屋書店

インドネシア就職生活ガイド一覧

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。