住宅事情-インドネシア

インドネシアの住宅事情

首都ジャカルタでは、住宅は家具付きで借りるのが一般的で、スーツケースひとつで入居しても必要最低限のものはそろっている。外国人が住むのは主にコス、アパートなど。単身者の場合はコスに住む場合が多い。

コス(下宿)

日本円にして、家賃3~6万円程度(諸費用込)

日本で例えるならば、下宿。

各部屋にベッドや机・テレビなど家具、トイレ・シャワーが備え付けられており、キッチンやリビングは共有となる。

家賃によってはトイレ・シャワーが共同の場合もあり、無料でランドリーサービスが含まれる場合が多い。

セキュリティや衛生面に関しては家賃に比例。

入居時に2~3ヶ月分のデポジットを支払う場合が多い。

アパート

日本円にして、家賃5万円~40万円

家具・家電付き高級マンション(東南アジアの他国ではコンドミニアム)のようなイメージ。

食器や鍋などの調理器具もそろっている場合もあり、すぐに生活できるようになっている。

共有スペースにはプール、スポーツジム、コンビ二、テニスコートなどが整備。

アパートは立地、築年数、広さ、内装によって価格が大きく異なる。

一般的には、光熱費・インターネットは入居者負担。

アパートの管理費に関しては契約内容によるので確認が必要。

2~3ベッドルームのアパートが多いので夫婦や家族帯同者が多く住んでいる。

参考リンク(家探し)

スターツインドネシア

日本語:地区の特徴やアパートの価格の幅も把握可能。

インドネシア就職生活ガイド一覧

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。