日々の食事-インドネシア

インドネシアの食の特徴

インドネシアの首都ジャカルタには各国料理のレストランが充実しており、外食で困ることはない。

和食も充実しており、味も満足できる店が多い。

ただし、味やメニューが地元インドネシア人向けになっている店もある。

屋台・フードコート

ジャカルタの路上の屋台では、座っての食事は日本人としては抵抗があるかも知れないが、持ち帰りなどには便利。

ショッピングモールなどに入っているフードコートは、エアコンも効いているので涼しい中で食事を楽しめる。

色々な料理を1箇所で食べることができる。

ファーストフード

インドネシアではファーストフードも人気。

老若男女問わず、日常的に利用されている。

マクドナルド、ケンタッキーフライドチキン、バーガーキング、ピザハット当の世界的チェーンが進出している。

モスバーガーインドネシア(http://www.mos.co.jp/global/store_information/indonesia/) 吉野家インドネシア(https://www.facebook.com/yoshinoyaindonesia/

レストラン

ショッピングセンターなどには綺麗なレストランがあり、インドネシア人や外国人で賑わっている。

レストランは、インドネシア料理、中華料理、和食などが数多く出店している。

特にジャカルタの和食店はブロックMに出店が多いが、街中のショッピングセンターなどにも複数の和食店がある。

本格的な味の店から地元インドネシア風味の和食まで様々。

大戸屋(https://www.facebook.com/OotoyaIndonesia/

インドネシア就職生活ガイド一覧

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。