家族生活・教育-インドネシア

首都のジャカルタでの生活は、綺麗なデパート、そして日本食を扱うスーパーなどの品揃えも充実してきており、一昔前に比べると格段に生活しやすくなった。

家族を帯同する場合には、ジャカルタ市内に住むことになる。家族向けのアパートが多数あり、何かと便利な南ジャカルタのアパートを選ぶ場合が多い。

家族向けビザ

就労ビザ保持者の家族(配偶者及び子供)は、家族と同居のための一時滞在ビザ C317 (労働を目的としない家族との同居)を申請することができる。

日本人学校・日本の教育

日本人向けの教育機関として、幼稚園、小学校、中学校までがあり、日本の教育を受けられる。高校はないので、その年齢になると母子だけ先に日本に帰国するか、ジャカルタにいくつかあるインターナショナルスクールに入学の道を選ぶことになる。もちろん、小学校からインターナショナルスクールに通わせる家庭も。
学校にはスクールバスで通うことになるため、住居選びの際には勤務先との距離もさることながら、学校との距離も考慮が必要。

ジャカルタ日本人学校(幼稚部)

ジャカルタ日本人学校(小学部・中学部)

*ジャカルタ日本人学校は、保護者がジャカルタ日本人学校維持会の会員であることが必要。

バンドン日本人学校(幼稚園・小学部・中学部)

スラバヤ日本人学校(幼稚部・小学部・中学部)

またインターナショナルスクールや現地校に通学する子弟対象の日本語補習校、日本人子弟を対象にした日系学習塾も進出している。

バリ日本語補習授業校

インターナショナルスクール

世界各国からの駐在員が生活するジャカルタにはインターナショナルスクールも充実している。

インターナショナルスクールは、1)アメリカンスクール・オーストラリアンスクールなど、母体になる国の教育を提供する学校 2)特定の国にこだわらない教育を提供する学校の2つに分けられる。

外務省のホームページ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/world_school/01asia/schlist10200.html

インドネシア就職生活ガイド一覧

あなたもアジオシ(asiadeoshigoto.com)で東南アジアへ

アジオシには東南アジア各国(シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・フィリピンなど)の日本人向け求人が毎日アップデートされています。